ほぼ毎日、整骨院へ通い若先生の鍼灸でずいぶん肘の調子が良くなってきました!


ここで無理せず、もうちょっとギアを落としたままお酒造りをしようと思っています。



で、今週発売予定となる新酒第二弾は.....







『Bianconiglio』



相変わらず、「読めねぇよ!」と言われること間違いないと思いますが(笑)、イタリア語です!!



びあんこにーりょ』と読みます。

ボンゴレビアンコじゃないですからねぇ〜(汗)

『白ウサギ』です。

時計を手に持ち、ステッキを抱え、走っている白うさぎといえば...

そうです!「不思議の国のアリス」の物語に出て来ましたね!

幼い少女アリスが白うさぎを追いかけて不思議の国に迷い込み、しゃべる動物や動くトランプなどさまざまなキャラクターたちと出会いながらその世界を冒険する物語。

で、なんで『不思議の国のアリス』なの?って??

まぁ、そんなに急がないでくださいな(笑)。

私が日本酒の醸しの世界に入って丸15造りを終えました。その間本当にいろんな方々に出会い、また、いろんなことを経験しつつ、アッという間に!?過ぎました。

あの当時は、借金のほかに、酒税を含めた国税という国税や県民、町民税と「税」がつくものを全く払ってなくて延滞利息の方が本税より上回っていて、総額なんと数億円。銀行や税務署等から「返せ!返せ!」「払え!払え!」と毎日催促され、ピンク色の張り紙を貼られた日々を送っておりました(泣)。どん底スタートだったんですねぇ。

で、支えて下さる方々に出会い、一緒にお酒を醸してくれる社員達に出会い、辞めていった社員達からいろんなことを学ばせてもらい、麹や醪たちから自分に足りない部分を嫌というほど学ばせてもらい、お米づくりに熱心な酒米農家さんたちから酒米のことを学ばせてもらい、酒販店さんからもお客様からも叱咤激励をもらい、「現在」があります。

15年前どん底スタートでしたから、銀行への返済も含めた私が銀行へ提出した計画書の期間は15年で設定していました。

10年なんとか頑張れれば15年続けられるかもしれないという淡い期待もあったのかもしれません。

とにかく、がむしゃらに、寝る間も惜しみ、前へ進むことで精一杯で、白ウサギのようにいつも時間を気にしつつ走っていたように思います。

なので、ここから先、何年続けていかれるのかわかりませんが、計画書にはない私自身も予想していなかった物語が始まるというわけです(汗)。

アリスの物語にでてくる「コーカスレース」のように、輪になってぐるぐる回る終わりのないレース。

ここから先は自分でこのレースを「終える」こともあるかもしれません。

30BYが始まり、4本仕込んでみましたが、今まで経験したことがない不思議なことが多く、お酒造りの奥深さを改めて感じている平成最後の醸造年度になる2019年。

新たな『十九』の物語のはじまりです!


今日は1日中氷点下の気温です。


それでも、まだ二桁まではいってないので、それほど寒いというわけでもなく...

予報によると明日はいよいよ二桁になりそうなので、蔵のあちらこちら、凍結しないように確認作業をなければ!!


で、みなさん、『Snowflake』はご賞味いただけましたでしょうか?

社長がようやくお正月コンビニシフトが終わったので、一昨日遅ればせながらお正月を致しました。

で、二人で『Snowflake』をいただいたわけですが、ワイングラスで飲みましたがシュワシュワして美味しかったです♪


お酒を搾るともれなく『酒粕』がでてくるのですが、今回『Snowflake』の酒粕が、何店舗かの酒販店さまに並んでおります。

特に、パッケージにもこだわってくださったのが、『サンワ酒店』さま。

昨日より、合羽橋店にて絶賛販売中!→https://sanwasake.jp/juku190108




お酒の方も6種類の雪の結晶がありますが、酒粕の方も6種類の雪の結晶があります!

しかもお酒の種類のものとは違う雪の結晶も!


酒粕には栄養素がたっくさん詰まっていて、お湯に溶かしてお砂糖入れれば甘酒に、クリームチーズと混ぜればおつまみに、

レンジでチンして柔らかくして味醂など混ぜて、お魚やお肉の漬け床にもなっちゃう万能なもの。

私が小さい頃は、ストーブの上で焼いて、ちょっとお砂糖をかけて、おやつとして食べてましたよ〜。

今、思うと、子供にアルコール含んだ粕を食べさせていた親って...と思いますが、その甲斐あってかこうして日本酒を醸す人に育ちました!(大笑)。

アルコールを含んでおりますので、お子様や妊婦さん、運転される方はくれぐれも気をつけてくださいね!


で、上記のようなパッケージはサンワ酒店さんオリジナルですが、下記酒販店さまでも扱ってくださっておりますので、お試しくださいませ。


・東京都練馬区  うえも商店さま

・神奈川県横浜市 一石屋酒店さま


・大阪府吹田市 山本酒店さま(『Snowflake』の粕ではありませんが、新作の粕になります)


ありったけの保冷剤を腰に当てて休んだのが良かったようで、今朝はタンクを洗えるまでになっていました!


が、洗い終えてタンクから出ようとしたのですが、痛めた肘に力が入らず、甑にお米を張り込んでいた社長に電話...

ハシゴを持ってきてもらい脱出できましたぁ(汗)。

肘を痛めると、こういうことも出来なくなるのですねぇ(泣)。

利き腕なので、ホースバンドのネジを閉めたり、ホース口にホースを挿そうとしても力が入らず、いろんなことで難儀している30BYです。

で、タンクから無事脱出した後、麹室へ向かい蒸し米の引き込み準備をした後、隣の整骨院さんへ行き、針治療をしてもらいさらに念のため置き針も入れてもらいました。

治療を終えて、蒸かし上がりになり、その後は引き込んだ蒸し米を目標水分になるまで水分を飛ばし、こちらも無事寄せて終了。

昨日搾ったお酒を瓶詰めするので、瓶洗いをしようと思ったら、社員Y君&A君が「二人でやるから休んでな」と言ってくれたので、お言葉に甘えて事務所で仕事をしていました。

優しい社員達でありがたいですね。

で、新酒第二弾は「新作」になります。

お楽しみに〜♪


年末年始も仕事をしていましたが(汗)、今日4日〜長期休暇を終えた社員も出勤となり仕事始めとなりました。


搾りと洗米があったのですが、洗米を終えたあと「ミシッ」という音がしてヤバイ!と思った時には動けず...

そうです。仕事始めの日に「ギックリ腰」になってしまいました(泣)。

しかも、午後には「吟醸造り」という講話会もあり、ダメもとでストレッチと保冷剤で冷やし、コルセットを着用したらなんとか歩けたので、講話会に行ってきました。

新年会もあったのですが、そちらは出席せず、蔵に戻ると、惨劇が....(汗)。

まぁ〜、休み明けもあり気が抜けていたのか「確認」を怠ってしまったようでして。。。

だいたい、私が抜けるといろいろ起こってしまうのがうちの蔵なんですけれどねぇ(汗)。

怪我がなかったのでそれがなによりでした。

で、機器類もちょっと心配になってしまったので分解し洗って乾かしていますが、正常に動いてくれることを願っています。

二桁まではいきませんが、それなりに高いものでしたのでね。

で、事務仕事を終えて、皆様に今年も波瀾万丈な十九の蔵ということをこうしてお知らせしているわけです(笑)。

明日の蒸かしまで、大人しく寝ることにします。

それでは、また。


年末年始寒波襲来と言われていた今朝は、2cmほどの積雪でしたが、午後になって、雪がマジ降りとなってきております(泣)。


肘が痛いのに、雪かきをどうしようかと悩んでおります...(汗)。

さて、弊社売店の年末年始営業のお知らせです。
運送業者さんのお休みの関係で、下記のようになっております。


28日(金) 9:00〜17:00
29日() 9:00〜17:00
30日()  お休み
31日(月) 9:00〜17:00
1日()  お休み
2日(水)  お休み
3日(木)  お休み
4日(金)  お休み
5日(土)  お休み
6日()  お休み
7日(月)〜 CLOSE 7日以降はお酒造り期間中となりますので売店はクローズさせていただきます。

『十九』につきましては、弊社売店までお越し頂いても販売しておりませんので、最寄りの十九取扱酒販店さまでお買い求めくださいませ。

地元銘柄「美寿々錦」etcは、弊社隣のセブンイレブン信州新町店、弊社向かいのフレッシュトップ田中屋さま、信州新町支所手前のAcorp信州新町店、道の駅 信州新町地場産業センターでお買い求めいただけます。

よろしくお願い申し上げます。


本当に大変お待たせいたしました!

 

平成最後の、そして来年はこのキラキラステッカーが製造中止となったそうで、最後の『Snowflake』になります(泣)。

 

 

P2130202.png

 

平成最後となる30BYは、昨年より社員1名欠員、私の体調が優れないのと利き腕の右肘を痛めてしまいフルに仕事ができなくなってしまったため、製造数量をかなり減らしておりますので、「昨年あったアレは今年ないの?」ということが多いと思います。

 

本当に申し訳ございません。

 

そんななかででの新酒第一弾『Snowflake』でございます。

 

今年は、なんとなく『イチゴミルク!?』を感じさせるような風味に仕上がっております。

 

澱が絡んだ状態ですので、澱を沈めたままそ〜っと上澄みを楽しんだあと、澱を絡めて楽しめる、1本で2種類の味わいをお楽しみいただけるお酒です(笑)。

 

PB280011.jpg

 

クリスマス前に発売致しました『M』と共に、紅白歌合戦をみつつ、年末年始をゆっくりお過ごしくださいませ。

 

 

下記酒販店様までGo〜♪

 

★宮城県角田市  丸正酒店さま

 

★栃木県宇都宮市 菊地酒店さま

★栃木県小山市  勇屋酒店さま

★栃木県小山市   松本酒店さま

 

★長野県上水内郡信濃町 みねむら酒店さま

★長野県松本市波田   深澤酒店さま

★長野県上田市真田町  地酒屋宮島さま

 

 

★東京都台東区北上野 三和酒店さま

★東京都練馬区    うえも商店さま

★東京都渋谷区    新川屋田島酒店さま

★東京都       はせがわ酒店さま

 

★神奈川県横浜市   一石屋酒店さま

 

 

★静岡県静岡市 コメヤス酒店さま

 

★京都府京都市 名酒館タキモトさま

 

★大阪府吹田市 山本酒店さま

 

★大分県豊後高田市 田染荘さま

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今日は、朝から瓶詰めだったのですが、右肘を痛めているのでずっと左腕だけでお酒を詰めた瓶を抜いていました。


なので、右腕をお休みさせてあげることができました。


48417293_951737978547035_5280719185863770112_n.jpg


時間をつくって、隣の中澤整骨院さんへ通院しているのですが、ごらんのとおりの長い針治療をしたり、お灸をしたり、カッピングをしてもらっているのですが、日々酷使しているのでなかなか治らず...(泣)。

うーん。春までなんとかだましだまし使えると良いのですが...

さてさて。

瓶詰めをしたということは、そうです!ラベル貼りを明日から開始です。



外は雪が降っております。

本日、19日搾り始めましたよー

で、事務所では黙々と準備中でございます!




せっせと鉄分が多く入っている食べ物を積極的に摂取しつつ、サプリも飲みつつ、処方された鉄剤も服用しつつ、徐々に鉄分が増えてきているようで、真っ白だった手足の先が、常に赤みを帯びるようになりました。


鉄が増えたお陰で、酸素が体の隅々まで運ばれているようです。



今度は、右肘の腱鞘炎...

お酒造りを復活させて15年、米洗いに蒸かしと冬の間の半年間酷使し過ぎたようで、物を持ったり、ネジをまわしたり、捻ったりすると激痛が走るようになってしまいました。

ギブスで固定して使わないようにするしか治癒は見込めないそうで、利き手の右手が使えないとお酒が醸せませんので、針とお灸で痛みを和らげ、右手を労りつつ左手で今年は作業をしております。

それにしても左手だと、まぁ〜力が入らないこと(苦笑)

お酒造りが終わる頃には、左手もかなり使えるようになっているかもしれませんねぇ。


12月も残すところ2週間。ちょっとずつ寒くはなってきましたが、それでも今年はやはり暖かく、仕込みも苦労しています。

地球温暖化の影響なのでしょうか?


来週末くらいには、新酒第一弾が搾れそうな感じですが、なんでも不景気!?で日本酒があまり売れていないのだとか...

不景気なのか、高級酒ブームが去ったせいなのか、よく分かりませんが、どうか弊社のために冷蔵庫を開けておいてくださいませ。

よろしくお願い致します。


師走の月になると、気持ちも足取りもちょっと急ぐようになるのはどういうのでしょうかねぇ。



昨夕、弊社コンビニ前の横断歩道でない国道を、お向かいのスーパーでお買い物を終えた高齢者が渡っていて車にはねられてしまい亡くなるという悲しい事故がありました。


ちょうど、コンビニで仕事をしていて、「ドン!」という鈍い音が聞こえたので、また駐車場で車が接触したのかと思っていると、バイトの子が「人がはねられたみたいです」というので、慌てて外へ出ると、そこには事故に遭われた高齢者に心肺蘇生している姿が飛び込んできました。弊社社長も、そばにいて誰かに電話している様子。

駆け寄ると「○○ちゃんのお母さんなんだ!」、心臓マッサージしている顔見知りが「AEDありますか?」と聞いていたり、すぐに緊迫した状況がわかりました。

弊社の取引先の社長さんにお母様で、この春亡くなった義母とも親しくさせて頂いていて、うちの自宅のそばに住んでいらっしゃるので愛犬を散歩している時に毎回お買い物帰りで会って一緒に歩き、コンビニにもよく買い物に来てくれていたおばちゃんでした。

社長が、携帯で連絡していたのは取引先の社長さんで、携帯電話を私に預け、AEDを探しに行きました。
救急車が到着し、車の中で心肺蘇生が始まり、その時はまだ受け入れ病院も決まってなくて、取引先の社長さんには病院が決まったら携帯に連絡いれるからすぐ出られるようにしておいてと伝え、自宅にいるであろうおばちゃんのご主人を近所の方にお願いして連れて来てもらい、受け入れ先の病院が決まり、おじちゃんをのせて救急車は病院へ向かいました。
居合わせて救護した近所の方々も皆、なんとか助かって欲しいという気持ちで見送ったのですが...


その後、警察の方々も大勢来て、コンビニエンスの防犯カメラを立ち会いのもと一緒に確認しましたが、そこには鮮明にその時の様子が録画されていて...。

直接的には関係ないのですが、コンビニエンスの横の脇道を軽トラックが国道へ出ようと前に出て、事故車がそれに気づきちょっとセンターラインに寄ったところで起きていました。

事故を起こした方はすぐに救護にあたっていましたが、その軽トラックは右折して行ってしまっていて。

事故には関係していませんが、それでも目の前で人がはねられたのは見ていたはずで、そのまま行ってしまった行為に、個人的にとても切なく悲しい気持ちになりました。

用事があったのかもしれませんし、急いで帰宅しなければならなっかたかもしれませんし、他人だから自分は関係ないと思っていたかもしれません。


弊社コンビニエンス前の国道は、よく事故が起こります。

今年も、バイクが弊社駐車場に入ろうとした車とぶつかり飛ばされた事故がありましたが、命は助かりました。

先日は、もっと先の国道上で車と車の事故で、死傷者がでて、現場には事故をみた方は連絡くださいという看板が設置されています。


人は生まれて死に向かって生きています。

仏教には「四苦」という言葉があって、「生・老・病・死」の4つのことなんだそうです。

人間は生まれた以上、必ず老い、病気になり、最後には死んでいく、という避けられないプロセス...

「一切皆苦」は、「この世の営みはすべて(思い通りにならない)苦しみである」という意味。

それは、若さや健康、生命に対して執着をするから「苦しみ」になるのであって、執着しなければ本来人生は、もっと純粋で素朴な生の営みなのだそうです。


そして、「諸行無常」とは、「作られたものはすべて移り変わり、一瞬として同じ状態にとどまってはいない」という自然の道理、真理を説いたもの。生あるものは、いつか必ず滅びる。死と向き合うことが生を充実させる生き方につながっている。だから、今という瞬間を無駄にはできないわけで。生と死のような相互依存の関係を「縁起」と言うのだそうです。

この世のすべては、「縁」によって起きていて、両親も、そのまた両親も、先祖も、口にする食事も、友人、洋服などもすべてが無限の恵みに支えられて、生きていて、この在り方が「縁起」なんだそうです。


「生かされ、生かして、生きる」。



自分の人生が終わるとき「この世に生を受けて本当に良かった」「与えられた人生を生き切った」と思えるよう、人生をまっとうしたいものです。


| 1/150PAGES | >>