今日は、令和二酒造年度に使用する、しらかば錦の稲刈りに。


しかも、偶然にも⁉、19日に十九銘柄で使う酒米の稲刈りです!


ここ数年、私は伺っていなかったのですが、今日は社員2名と久しぶりにお隣の大岡地区で契約栽培していただいている農家さんの圃場へ出かけてきました。


曇り空で雨も降らず、風が爽やかで、絶好の稲刈り日和でしたね!







足手まといにならないように、3人で頑張ってきましたよー


いつか、田植えから稲刈りまで、十九の愛飲家の皆さんとイベントができるといいなぁと思いつつ…






先日blogにUPさせていただきました、『十九GOODS』ですが...


予想以上の反響をいただきまして、生地屋さんの方で生地が入手未定と連絡が入ったそうで、保留になってしまいました。

楽しみにされていた方々には本当に申し訳ありません(泣)

ひとつひとつのパーツを吟味しながら作っていたので、生地自体もお酒の十九と同様に大量生産されるものではなかったので。

また、いちから作り直しになりそうです。

次回は、きっちりひとつひとつのパーツを確保し、それなりに数が揃ったところでお知らせさせていただきます。

末なが〜くお待ちくださいませ。


9月に入っても、暑い日が続きますね。


朝晩はそれでも8月に比べれば涼しくなった信州ですが、日中はまだまだ酷暑です。

『ひやおろし』が並び始めましたが、弊社からも『In bocca al lupo!』を発売開始しました!

69177304_669915510153345_2380964568496078848_n.jpg

イタリア語で、「イン ボッカ アッ ルーポ」 『オオカミの口の中へ!』という意味です。



何かに挑戦する人に贈る言葉で 「命がけでことにあたれ!」という感じす。



これに対する返事は【Crepi!(クレーピ) 】『(オオカミ) くたばれ!』と答えます。



元は、狩に出かける人たちの合言葉でした。



新しい局面に立ち向かおうとするとき、試験を受けるときなど、チャレンジする人へ「がんばれ!」「幸運を祈るよ!」と贈る言葉です。



飲食店さんや酒販店さんで、『In bocca al lupo !ください』とお客さまがおっしゃると、『Crepi!』なんていう受け答えがされると楽しいですね!(笑)。


ぜひ、流行らせてください!!



あとは、なにかにチャレンジしようとしている方に贈り物として贈っていただくのも嬉しいです!



オオカミは「大神」とも書き、動物界では一番徳の高い、神様の遣いとして知られています。



関東一のパワースポットでもある、埼玉県秩父市にある「三峯神社」。



神社といえば鳥居の横には「狛犬」が鎮座していますが、この三峯神社は狛犬ではなく「オオカミ」が鎮座しているんですよ。



三峯神社の信仰は「オオカミ」だからなんです。三峯神社にイザナギ、イザナミノ尊(みこと)を祀(まつ)ったとき白いオオカミが神の使いとして現れたそうです。


また日本武尊(やまとたけるのみこと)が山火事にあったとき、オオカミが救ったという言い伝えも。



昔から、霊に憑りつかれた人のことをよく「狐憑き」と言いますよね?その憑き物(狐)を追い払ってくれるのがこのオオカミ。



ジブリ映画の『もののけ姫』もこの犬神信仰をモデルとしたと言われていますが、確かに犬神が山を守り、悪を追い払っているシーンがありましたよね!?




尾澤家の菩提寺 宝秘山玉泉寺でも、江戸時代からの木版で手刷りされる、三峯講のオオカミの御札があるんですよ〜!


69911755_602747173465520_3952188021985509376_n.jpg

土蔵に貼られてたりします。



玉泉寺さんの木版はなんと江戸時代に彫られたもの!



この三峯講のお札を発行しているお寺は少ないらしく、珍しいのだそうです。



「昔、日本にも狼が生息していて畑を荒らす猪や鹿を襲って追い払ってくれる、というところから狼を神の使い、山犬さまとして
崇めたと言われています。


また、狼は泥棒や災難からも守ってくれる神として解釈されるようになって蔵や家の入口にこのお札をはって災難除けとしたのです。


三峯神社がそのお札を発行?していてその神社の神徳として狼信仰を説き、それが三峯講、と言われていたそうです。」とのこと。



弊社の「白いオオカミ」。コロナ禍で、みなさまの守り神になってくれますように。。。



お盆もアッという間に終わりました。


今年は、15日に開催される「とうろう流しと花火大会」が新型コロナウイルス感染症拡大防止にため中止となり、嫁いでから初めてゆっくりお盆も過ごせるかなぁ〜なんて思っていたのですが、なんのなんの、いつもと同じ!?いやそれ以上に忙しく、お盆でお帰りになられたご先祖さまも「相変わらず、ご馳走はないし、ゆっくりも過ごせなかったな」と思いつつ、あちらにお帰りになられたことでしょう(汗)。ホント、毎年毎年スミマセン!!(泣)。


まぁ、でも、盆棚もちゃんと飾りましたし、提灯も全て組み立てて飾りましたし、お団子も作りましたし、天ぷらも揚げましたし、最低限はやったつもりですので、ご勘弁を〜。


で、お盆も終わると、いよいよ令和2年醸造年度へ向けてスタート!?となるわけですが、製造計画をたてなければいけないのですが、どうしたものかなぁと。


冷蔵庫の中には、まだまだ出荷待ち状態のお酒がひしめいていますし、製造石数を思いっきり減らしたいところですが、そうすると酒米農家さんにも多大な影響が出てしまいますし、困ったものです(泣)。


十九ファンのみなさーん!ジャンジャン飲んでくださ〜い!お願いしまーす!!!(←切実です...)


まぁ、酒蔵だけでなく、酒販店さんも、飲食店さんも同じ状況なわけでして...


長野県も、観光や帰省で訪れて下さる方も少なく、なかなかお酒が動かない。

で、ただいま、長野県内のに位置する十九ディーラーさまでは、こちらの『十九タグ』がついているらしい(笑)


このタグが欲しい方はぜひ!酒販店様へ足をお運び頂くか、もしくは、通販でGetしてくださいませ♪


今日は、8月15日。終戦の日ですね。


コロナ禍ですので、追悼式は参列者を縮小し、国家斉唱もなしでて行われるとのこと。

戦争で命を落とされた方々も、このコロナ禍の日本をみてさぞ驚いているのではないかと思います。

地方の観光業を救おうと始められた「Go to Travel」も蓋を開けてみれば、登録申請した施設等は4割ほどだとか。

地方で感染者が増加傾向にあるのも、結局のところ感染拡大地域からの持ち込みが多くを占めているのも事実なわけで、経済と感染拡大防止の相反することをwithコロナで行うのは本当に難しいことなのだと思います。

信州新町も、15日といえば、「とうろう流しと花火大会」が行われる日なのですが、今年は中止。

昨年までなら、コンビニエンスも多くのお客様で賑わい、準備等で早朝から忙しいのですが、今年は普段の土日くらいの忙しさです。

終戦の日に流された玉音放送の一節、「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」がありますよね。

そのままだと、日本国民が戦時中に耐え難きを耐え忍び難きを忍んでというような「過去」のことと解釈されがちですが、

未来のことについて述べられていたのだと、教えていただいたことがあります。

「耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、将来のために平和を実現しようと思う。私は、ここにこうして国体を守り、忠義で善良なあなた方臣民の真心を信頼し、そして、いつもあなた方臣民と共にある。もし、感情的になって争い事をしたり、同胞同士が歪みあって、国家を混乱に陥らせて世界から信用を失うような事を私は強く懸念している。国を挙げて一つの家族のように団結し、子孫共々、固く神国日本の不滅を信じ、道は遠く、責任は重大である事を自覚し、総力を将来の建設のために傾け、道義心と志操を固く持ち、日本の栄光を再び輝かせるよう世界の動きに遅れないよう努めなさい。あなた方臣民は私の気持ちを理解しそのようにして欲しい」

昭和天皇は国民に伝えたかったのだよと。

私は、右よりでも左よりでもありませんが(汗)、コロナ禍の終戦の日の今日だからこそ日本人に伝わるメッセージな気がします。

先の戦争で犠牲となられた内外全ての方々に思いを致し、衷心より哀悼の誠を捧げます。 合掌


暑い!!本日の信州新町 最高気温 33.7度。前回の37度にならなくて良かったです...


自宅も事務所も、西日がもろに入ってくるので、午後からがめちゃくちゃ暑くなり、室温が高いまま夜に突入するのでこの時間からが体力消耗が始まります(泣)。

先日、発売した『Twinkle Twinkle Little Star』。

showPhoto.jpg

お盆でやっと休みになったというのに、どこにも出かけられない毎日だと思いますが、夜空を見上げるとそこには満天の星空がひろがっています!

コロナ禍で先行きがまったくみえず、かなりお疲れモードですが、3密&暑さを避けて、たまには夜空を見上げに、夜に海や山へ行ってみてはいかがでしょうか?

田舎の夜は早く、もう20時ともなれば寝ちゃうのが、ザ・田舎です(笑)。

そしたら、車のナンバーをみられて肩身が狭い思いをすることもないと思いますので!

直近で発売いたしました『Riccio』。

riccio.jpg

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、今年の『Riccio』は長靴猫同様『コロナ禍』でちょっとでもクスッと笑ってもらいたいなと思い、表情が違う『Riccio』を忍ばせております(笑)。

「コロナ禍なのに、大きい声で話さないで!」と怒っていたり、『早く収束してよ〜!』と困っていたり、「しっかり感染対策しよう!」と真一文字に口を結んでいたり、気分によって選んでいただけます!!

どこの酒販店さんに、どの『Riccio』が何匹いっているのか、また何種類いるのかは、私+社員3名の4名で、面白楽しく貼って出荷致しましたので私達でもわかりません(汗)

お疲れモードですが、ぜひ小休止していただければ嬉しいです!


お盆ですね。


コロナ禍で、帰省を自粛される方々も多いと思います。

が、意外や意外、GWも7月の連休も帰省できなかったからと帰省されていらっしゃる方々が多いです(汗)。

なので、3密を避け、いつも以上に手洗いを励行し、大きな声で話さないように心がけています。

長野県も、ほぼ毎日PCR検査で陽性となった感染者がでていますが、その多くはやはり感染拡大地域の方と接触された方や、帰省された方からの濃厚接触者のようですが

で、今日は迎え盆ということで、早朝からバッタバタとしております。

尾澤家恒例の、「盆棚」の飾り付けのため、笹を山へ調達しに行ったり、お供え用のお団子を丸めたり、ほぼ会社には出社できませんので、社員たちにお任せです。

社長も、夕方からコンビニ勤務になるので、ご近所の盆棚参りをしたり、配達があったりと、花火大会が今年は中止なのに、いつも以上に忙しいお盆です(汗)。

社長がいる間に、ちょっと早かったのですが、迎え火を焚き、お墓へ灯籠をたてに行き、ようやく一息つきに会社事務所へ来ました(笑)。

これで、夕方には、ご先祖さまにお供えするお膳をつくり、尾澤家の迎え盆を無事終える予定です。


連日、感染者数更新されています。


withコロナといえども、ここまで感染者が増加してくると、また飲食店さんに時短営業を要請したり、これから迎えるお盆には帰省しないようにとか、緊急事態宣言まではいかないにせよ、なにかしらの要請がありそうな雰囲気です。

そんな不穏な不安な日々ですので、弊社からは幸せを運ぶと言われるあの素敵ラベルシリーズ『Riccio』をリリース致します!!

リッチョと読みます。例のごとくイタリア語で、ハリネズミです(笑)。


なんでハリネズミか?私の髪の毛がハリネズミの如くさらに白髪が増えてきましたが(笑)、ハリネズミはヨーロッパでは背中に幸運をのせて運んでくる縁起の良い動物との言い伝えがあり、住み着いた家は幸運になるといわれています。


イタリアでは実に身近な存在で、森などでちょくちょく遭遇するほどよくいる動物で、森の脇の道路などをのそのそと蠢いている姿を時折見ることができるらしいですし、家の植木鉢の中に丸まっていたりとワンサカいるようですよ。


『Riccio 19』もコロナ禍の中、皆さんに幸福を運んでくる日本酒になれば良いなぁ〜と思って♪


riccio.jpg

今年のRiccioは...

来週の月曜日から順次出荷していきますので、もうしばらくお待ちくださいね!


第2波なのか、まだ第1波の検査残りなのか、よくわかりませんが、行動力がある若者を中心にコロナ感染の拡大が止まらないですね。というより止めるなんてことは、そもそもあり得ないことなのかもしれません。


1週間前には、若き才能ある俳優さんが急逝されましたね。

熱烈なファンというわけではありませんでしたが、なんかこう自分でも驚くほどショックを受けたといいますか...

心の中にある、人に寄り添おうとする気持ちからなのでしょうか。

舞台や映画、ドラマなどテレビをとおして見てきましたが、なんとなく、消えてしまいそうな雰囲気に切なさを感じ、もろくて壊れやすそうな印象を抱いていました。あの笑顔の裏側には隠されていた生きにくさがあったのでしょうか。

以前読んだ本に、HSP(Highly Sensitive Person)のことが書かれていました。
人の「気質」を表す言葉で、「ひといちばい繊細な人」という意味なんだそうです。

研究をしていたアーロン博士によると「DOES」と名付けた4つの特徴があるといわれています。

Depth of processing】考え方が複雑で、深く考えてから行動する

・一を聞いて、十のことを想像し、考えられる

・調べ物をはじめると深く掘り下げ、その知識の広さにまわりに驚かれる

・お世辞や嘲笑をすぐに見抜いてしまう

・物事を始めるまでにあれこれ考え、時間がかかる

・その場限りの快楽よりも、生き方や哲学的なものごとに興味があり、浅い人間や話が嫌い

Overstimulation】刺激に敏感で疲れやすい

・人混みや大きな音が苦手

・友達との時間は楽しいものの、気疲れしやすく帰宅すると、どっと疲れている

・映画や音楽、本などの芸術作品に感動して泣く

・人の些細な言葉に傷つき、いつまでも忘れられない

・些細なことに過剰なほど驚いてしまう

Empathy and emotional responsiveness】人の気持ちに振り回されやすく、共感しやすい

・人が怒られていると自分のことのように感じ、傷ついたり、お腹が痛くなったりする

・悲しい映画や本などの登場人物に感情移入し、号泣する

・人のちょっとした仕草、目線、声音などに敏感で、機嫌や思っていることがわかる

・言葉を話せない幼児や動物の気持ちも察することができる

Sensitivity to subtleties】あらゆる感覚がするどい

・冷蔵庫の機械音や時計の音が気になってしまう

・強い光や日光のまぶしさなどが苦手

・近くにいる人の口臭やタバコの匂いで気分が悪くなる

・カフェインや添加物に敏感に反応してしまう

・肌着のタグなどチクチクする素材が我慢できないほど気になる

・第六感がはたらき、よく当たる

4つのうち1つでも当てはまらない人はHSPではないとアーロン博士は定義しています。

名前だけみると、何かの病気?と思いがちですが、病名ではないので治療法なんてものも存在しないそうです。

繊細さや敏感さは生まれ持った「気質」で、「気質」とは、その人が生まれながらに持っている感受性や気分の傾向などを指す心の特徴で、環境などに影響される性格と違って後天的に変えることはできないもの。

医学的には、もともとストレスを処理する扁桃体が活発で、不安や恐怖を感じ取りやすく、さらに、激しい感情などが起こったときに分泌される「アドレナリン」や、ストレスホルモンと呼ばれる「コルチゾール」も分泌されやすいために、さまざまなことを警戒し敏感に反応してしまうのだそうです。

発達障害や、アスペルガー症候群ともまったく違うものですが、どこか似たような特徴が現れるために、誤解もされやすいそうです。

でも、自分にも当てはまるなぁというところも多くないですか?私も当てはまる部分が多くてびっくりしましたが...。

海外の方よりも、国民性から日本人にHSPが多いそうです。

HSPの人は、人の心に寄り添えることが長けている分、人に振り回される。良心的でなにより相手を優先する傾向がある反面、相手をを思うあまり、「自分が悪いのかも」とか「自分はダメだもっとがんばらなければ」と自分を責める傾向になりやすいのではないでしょうか?

コロナ禍でとくにHSPの人たちは、心が壊れてしまう人が多くなってきているのかもしれません。

時に言葉をかけたり、食事をしたり旅行をしたりすることも必要だとは思いますが、ただその心に寄り添う、心に気遣ってあげることだけでも救いになるのかもしれませんね。

様々なシチュエーションで、心に寄り添えられるような日本酒を醸していかれればなぁと思った出来事でした。


梅雨明けが連休明けになるだとか、8月入ってからになるだとか、今夏は冷夏になりそうだとか...


新型コロナウイルスで、暗雲立ちこめる日本列島にさらなる暗雲がやってきてしまうのでしょうか(泣)

冷夏となると、農作物が大ダメージを受け、酒蔵にとっては酒米が大きなダメージを受けてしまうんですよねぇ。

コロナ禍で売上減少、さらに、酒米も...なんてことになれば...

悪いときはいろいろ続くものですしねぇ。

とはいえ、目の前にある、やるべきことはしていかないと!!

ということで、今日は前々からの懸案事項であった、瓶詰めラインのベルトコンベヤの調整を行いました。

経年劣化でのびてしまっいベルトの腹がこすれてしまい金属音が激しくなっていました。

コマを抜いて、ベルトを外し、何枚か抜く作業です。

Edb4MKqUMAALg8H.jpgEdb4MK2U0AEVMIR.jpg

こういう仕事は、女性がやるべきことなのかどうなのかはさておき、弊社では社員Y君と私の仕事。

錆びついてしまい、なかなかコマが抜けず苦戦しましたが、なんとか無事終了。

金属音もなくなり、スムーズにベルトコンベヤが動くようになりました。

ですが、体や顔中に潤滑油が飛び散ってしまいました。

早くお風呂に入って、お洗濯しようっと(笑)。


| 1/165PAGES | >>