三連休の中日ですね!

どこへも出掛けることもなく、日頃怠ってしまっている自宅の掃除やらなにやらetc...
東京四ッ谷では「大長野酒祭り」が開催されていて、県内50蔵が集結しているとのこと。
お時間ある方、当日券購入して行かれてみてくださいませ。
たまには、素敵ラベルシリーズ以外の『十九』シリーズのご紹介を。


 
IMG_0567.JPG

こちらは、平成27年度醸造に協会6号酵母で醸して蒸し燗火入れしたお酒。

 
IMG_0569.JPG

こちらは、平成28年度醸造に自社培養酵母で醸して蒸し燗火入れしたお酒。
以上2種類のお酒は、蔵にも在庫がほぼなく、レアなお酒たち。



 
IMG_0568.JPG

こちらは、平成28年度醸造に協会9号酵母で醸した生酒。
 
19ある十九取扱酒販店様の中でも、弊社のお膝元!?である長野県のみねむら酒店さまには、十九の中でも「蒸し燗火入れ」シリーズやレア十九が揃う酒販店さまです。
店頭には並んでいないかもしれませんので、店主さんを見つけたら声をかけてみてくださいね!


なぜか・・・信州新町のまわりでは夕方以降雨が降り過ごしやすくなるようですがここ数日雨が降ることもなく・・・(泣)

今日はすでに県内最高気温『第2位』をキープ中・・・
 
で、そんな暑い日に食べていただきたい大人デザートをご紹介いたします!
日本酒を熟成させたお酒のことを「古酒」などと呼びますが、古酒とはどういうものをいうのかご存知ですか?

今だと、平成28酒造年度(=28BY )なので、28BY以前に造られたものは「古酒」とよばれます。

さらに、2年以上熟成させたものを「大古酒」と呼んだりもします。

現代ではあまり「古酒」が流通することは少なくなりましたが、 その昔は当たり前のように古酒が好まれ大変貴重なものだったそうです。

むしろ、長い年数をかけて熟成されたお酒ほど貴重とされ、その熟成年数に応じて値段も高く取引されていたとのこと。

弊社でも、先代社長が「古酒」についての文献を読み、「うちもやってみるぞ!」と始めたようです。

 

で、こちらが『純米十年大古酒 十九』。
十年とありますがこのお酒は平成5年度醸造のものです。

 

肝心なお味は?というと、

熟成する年数や温度によって、古酒の色や味わいは変化していきます。

色は琥珀色、紹興酒のように、カカオ系、奈良漬けのような味わいです。

ゴクゴク飲むというよりはチビチビと漬け物やナッツをおつまにに常温もしくはぬるめの燗で飲んでいただきたいお酒ですね!
そしてそして大人デザートとして、このお酒をバニラアイスに贅沢にかけて召し上がっていただくと、メチャクチャ美味すぃ〜のですよ♪
それも、高級バニラアイスよりも買いやすい価格のごくごく普通のバニラアイスが高級大人デザートに大変身しちゃうんですねぇ〜
ぜひお試しあれ〜♪
ちなみに、こちらのお酒は、合羽橋 酒のサンワさんでお買い求めいただけます!
合羽橋 酒のサンワ 〒111-0036 東京都台東区松が谷3-17-11  TEL 03-5830-3521


なかなかお酒のイベントに参加できていない弊社ですが、来週末22日に栃木県へ遠征していきます!(笑)


 
栃木県 菊地酒店さま前の駐車場にて開催されている『美味しいお酒と美味しい料理を楽しむ会 Vol.7』


 
ご予約された方にはこちらのグラスでお楽しみいただけます!

 


また、ビンゴ!?の景品は・・・知る人ぞ知る『十九 箸置き』や『十九 猪口』レアグッズをご用意させて頂きました♪

予約受付中ですので、お近くの方はぜひ!!!

当日、お会いできることを楽しみにお待ちしております♪

詳細は、菊地酒店さままで。TEL 028−652−0105
facebookは、こちらより。


一足先に弊社の梅雨明けです!(笑)

お待たせ致しました!

弊社の『入道雲 』、週末には日本列島そこかしこでみかけるはず!?

 
P62800031.jpg


30℃越えが多いですので、そんな日には是非、かちわり氷でオンザロックおすすめです♪


今年もよろしくお願い致します♪

 


毎日毎日暑い日が続いております・・・(泣)。

自宅は西日がもろに入り込むので部屋の温度は38〜39℃は当たり前で、しかも、暑さがそのままこもるので毎日寝苦しい日々を過ごしております。
 
今日は、なんと珍客が!

H君が、「カモシカだ!」というので事務所から慌ててでるとそこにはカモシカが!!
タヌキやイタチやハクビシンは入ってきていましたが、カモシカは初めてでした〜。
あまりの早さと大きさにビビリ、写真を撮るヒマもなく目の前の歩道を走り山の方へ帰っていきました〜!
それにしても大きかったなぁ〜

過疎化が進み、人が減ってきている信州新町ですが、動物たちにそのうち占領される日も近いかもしれませんねぇ(笑)。

次にやってくるのは・・・・ツキノワグマ!?かもしれません!!
新商品はカモシカにしようかなぁ〜(大笑)


福岡県、大分県を中心とする九州北部の豪雨被害にあわれた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

週末も激しい雨が降るようですので、気をつけてくださいませ。

私は経験したことはありませんが、ここ信州新町も2度河川の氾濫で床上浸水していますし、弊社の裏山は幾度も崩れているそうです。義父母からその恐さと片付けの大変さを聞かされております。

自然災害とはいえ、地球規模的におかしくなってきているような気がします。
今日は、北海道は帯広で39℃?だったとか(汗)。
信州も、「涼しい」イメージをお持ちだと思いますが、かなり暑いですし、弊社のある信州新町は盆地なので風が抜けなくてジメジメと湿度が高く、長野県内でもベスト10にほぼ毎日入る気温が高いのですよ・・・(泣)
幼い頃は、冷房なんかいらないほど過ごしやすかったような記憶がありますけれどねぇ。
で、蔵では目下酒粕をタンクから掘り出しては詰めての作業をしております。
今年の粕も、冬場にしっかりH君がタンクに踏み込んでくれたのでうっすらピンク色の美味しい酒粕になりましたよ〜!
キュウリもみにしてもよし、白瓜を漬けてもよし、お魚やお肉を漬けて焼けばと〜っても美味しいですよ♪
ぜひ!「十九」の酒粕をお試しくださいませ。
あとは・・・梅雨明けのタイミングを見計らって発売するいつもの「アレ」を準備中・・・(笑)
今年は、ぜひ大きな氷を1個グラスに入れて飲んでいただきたいなぁ〜!って感じに仕上げてみましたぁ〜
もうちょっとお待ちくださいね♪


歌舞伎役者市川海老蔵さんの奥さま麻央さんが闘病の末お亡くなりになりましたね。

受け止め方は人それぞれだと思いますが、海老蔵さんが会見で見せた涙は・・・心を打つ涙でした。

 
私も、若い頃に実父を「癌」で亡くしました。

その当時は、まだ「癌」というものも研究され始めたばかり。
今のように本人告知が当たり前ではなく、本人に告知するかどうかは家族に委ねられていました。
父の場合は10万人に一人と言われる大変珍しい場所にできる癌でした。抗がん剤も、それぞれの部位にできた癌に効果があるものではなく1種類しかなく、効果があるかどうかすらわからない、また、非常に珍しい癌で臨床データもなく手術すら確率されていなくて、手の施しようがありませんでした。

本屋という本屋をハシゴして、本を買いあさって読みまくったことが思い出されます。

西洋医学で限界ならば、東洋医学や免疫力を上げる療法も取り入れたり、父の職場の方にお願いをして仕事好きな父のために架空の仕事を持ってきてもらったり、父のために家族は必死に必死に・・・

入退院を繰り返しているうちに、あるとき父が天上を見上げながら、「この天上の先には空が広がっていて、その空の先には宇宙が広がっていて、その宇宙の先にはなにがあるんだろうな」と。
本人への告知はしなかったものの、自分のからだのことは自分が一番わかるはずで、なんとなく鼓動が止む時が迫ってきていることを悟っていたんじゃないのかなぁと思います。

次第に痛みが出始め、モルヒネで痛みをコントロールしなければならず、そうするともう話すこともままならなくなる・・・
でも目の前で痛みに耐える父をこれ以上見ていられないと、話せなくてもいいから痛みをとってあげて欲しいとモルヒネの量を徐々に徐々に増やしていくことに。

なんとなく、あの当時のことを思い出してしまいましたねぇ。


麻央さんは、ご家族だけではなく、どんな状況におかれても人として人をおもいやるということを全身全霊をこめて伝えたかったのではないのかなぁと。

私も父から「人として人をおもいやる心」を教えてもらいました。

父を亡くしてから、なんとなくいつもすぐそばで見ていてくれているような温かい感じがするようになりました。
お酒造りを教えて下さった馬場先生を亡くした時も、やはり同じ感覚で...

肉体はなくなっても、すぐそばでいつも見守っていてくれると信じていますので、恥ずかしくないように生きていくことを改めて思いました。


謹んで哀悼の意を表します。


28BY中、激痛ってほどの痛みではなかったのですが、ずっと左足の甲の部分に違和感というか我慢できる痛みがあったのですが、
「まぁ、歩けてるし激痛じゃないし」とそのままにしていたんです。
で、数日前に始めたバドミントンを一度行ってから歩く度に痛みが出始めて、それでもまだ我慢できる程度の痛みだったのですが、押すと結構強い痛みがあって・・・(汗)
筋でも違えたのだろうと思って、湿布もらって貼れば治るだろうと整形外科を受診してきました。
Dr.「最近、激しいスポーツしましたか?」と聞かれ、「ハイ!バドミントンを」と答えると、
「疲労骨折していたところにバドミントンで強い力が加わったようですね」と。
幼い頃から幾度と骨折を体験してきていた身でしたから、あの痛さがなかったのでまさか骨折していたとは思ってもなく・・・
麹室での作業が、同じ部位に負荷が繰り返しかかっていたらしく・・・(泣)
治りかけのところに、バドミントンで追い打ちをかけてしまったようですね。
幸い、ギプス固定ではなくテーピング固定で済みましたので良かったのですが・・・(汗)
2〜3週間ほど、トーナメントは休場となってしまいました(泣)


毎年、梅雨に入るとblogにupしている気がしますが・・・(汗)
昨日の酒Trapでも弊社「十九」ブースにお越しになったお客様に言われたり、「十九」をお買い求めに弊社売店を訪れるお客様に言われたり・・・(汗)
「十九」は弊社で製造はしているのですが、販売はしておりません。
「せっかく来たのに」「ここで造っているんでしょ?」「○○酒造では売ってくれたよ」と毎度毎度お叱りごとをいただくわけですが・・・

消費者の皆様にお買い上げ頂くことがなによりなわけですが、それでも一人のお客様が年間にご購入していただける本数は限られますよね?
酒販店様は、一般のお客様のほかに飲食店様も抱えていらっしゃいますので、かなりの本数を販売していただけるわけでして・・・。
昨今、酒販小売免許が規制緩和され、そこかしこで酒類を販売できるようになり、もともとの酒屋さんが経営が厳しくなり廃業に追い込まれています。
弊社のある信州新町でも、高齢化も手伝い、昔からの酒屋さんは3軒ほどになってしまっています。
酒蔵は、造ったお酒を買っていただかなければ成り立ちません。
一般のお客様も含め、酒販店さんも生き残っていってもらわなければならないのです。
なので、ぜひ酒販店さまへ行って購入してもらいたいという思いから、「十九」銘柄は酒販店さまでお買い求めいただけるように酒販店限定流通させています。


例えば・・・
車を購入したいからと、車の生産工場へ買いに行かれる方はいらっしゃいませんよね?
車のディーラー(販売店)へ行かれると思うのですが、それと一緒だと思っていただけないでしょうか?
ディーラーでは、その車の性能やらなにやらとても詳しく説明してくださいますし試乗もできたりしますよね!
質問すればすぐ答えてもくれる。

自動車メーカーと特約店契約を結び、車を知り尽くした販売業者のことをディーラーというように、同じく弊社と契約している「十九」取り扱い酒販店様は、まさに「十九ディーラー」ですので、弊社のことはもちろん十九のことも知り尽くしていらっしゃるわけです(笑)

どうか、ご理解いただき、ぜひ、十九ディーラーへ行って十九をお買い求めくださいませ。

よろしくお願いいたします。


雨が降っていてとても寒い信州です。
 

さて、明日はいよいよ『信州酒Trap 信州地酒の旨い罠 Vol.4』開催日です!

皆さ〜ん、チケットは購入されていますよねぇ〜?

600枚用意したチケットはめでたく完売し、明日の当日券の販売はありませんので!

天気予報を見る限り、明日は暑くもなく寒くもなく、雨も降らないようですね。

弊社は、長野駅前の『景屋』さんで、社員Y君とA君が皆様のお越しをお待ちしております。
数日前に発売したばかりの『Le chat botté』と、来月発売予定の『Il cumulonembo』を持っていきます。
『蒸し燗瓶火入れ』という、県内ではあまり行われていないであろう方法で火入れをしているお酒になります。

静岡県で「白隠正宗」を醸す 高嶋一孝さんが絶賛されていらっしゃる「蒸し燗」。

非常に湿潤な湿気の中で加温することでお酒からは水分やアルコール香気成分などが逃げ難いので、「フレッシュ、ガス感、生酒っぽい」が特徴です。


今年は減石もしているので「十九」銘柄は、本数も少ないのですが、さらにこの「蒸し燗瓶火入れ」は極々限られた酒販店さんにだけ並ぶものですので、ぜひこの機会にお試しくださいませ♪

では、明日皆様にお会いできることを楽しみしております♪


| 1/134PAGES | >>