日本酒のイベントにあまり参加してきていない弊社ですが、唯一毎年参加していたのが、地元 長野市で開催される『酒Trap』というイベント。


今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止上からイベント開催が中止となったのですが、日本酒スタンプラリーとして、昨日10/1からスタートしました。

202010021.jpg


202010022.jpg

弊社は、勢正宗さんと共に、酒Trap初参加!?の『びんずるさんの胃袋』でお酒がお待ちしております(笑)。

びんするさんの胃袋』の公式ホームページはこちら

早速、社員A君が「Yさん、サバですって!連れて行って下さいよ〜!」と言っていましたので、突然予約して現れるかもしれませんよ〜(笑)。

ネットから予約もできますし、お得なクーポンもあるみたいです♪

私は「トロ鯖炙りしゃぶしゃぶ」と「トロ鯖藁焼き」が食べたいです!!

お店でしか見られない、各蔵の動画が特典として見ることができますし、10店舗23蔵制覇すると協賛の酒販店さまで景品を頂けちゃいます!何が貰えるかは、お楽しみにぃ〜♪

十九ファンの皆様、『びんするさんの胃袋』へGo〜♪


朝晩、めっきり涼しく いえ、寒くなった信州です。


ですが、日中は半袖1枚でも良いくらい暑いのですが、夕方になると、寒くなり上に1枚重ね着しないと風邪ひきます(汗)。

昨日は、うっかりしていましたが、【日本酒の日】だったようですが、酒税の税率が変わったり、タバコの値段が上がったり、帳面の入れ替えだったりで、バタバタと右往左往していましたよ(泣)。

しかも、中秋の名月でしたが、皆さんは空を見上げてみましたか?

月は、表と裏があり、エネルギーを奪う星なんですよね。なので見上げるものではなく見下ろすもの。

平安時代の貴族たちは、水面に映る月を眺めたり、盃の中のお酒に月を映して眺める事が風流だとされていたそうです。

水面に逆さまに月が映ることから良いこととされ、エネルギーを吸収する月が逆さまに映っているので逆にエネルギーをもらえるというわけなんですね!

なので、私も、盃に日本酒を満たして、満月を映して眺めながらいただきましたよ(笑)。

で、こっそり発売しちゃっていますが(笑)、久しぶりに『Surlie』をリリース致しました♪


ワインづくりの工程のひとつに、『組み立てる』という言葉が語源の『アッサンブラージュ』があります。

様々なキュヴェ(ワイン原酒)をブレンドすることで、ワインの個性を創りあげる工程です。

今回の『Surlie 』は、十九ブランドの新しい取り組みとして、2種類の日本酒のキュヴェでアッサンブラージュし、加水したものになります。
Go to Travel、Go to eatも始まりました!2本のGo toで日本経済を元気にという願いも込めて...



先日blogにUPさせていただきました、『十九GOODS』ですが...


予想以上の反響をいただきまして、生地屋さんの方で生地が入手未定と連絡が入ったそうで、保留になってしまいました。

楽しみにされていた方々には本当に申し訳ありません(泣)

ひとつひとつのパーツを吟味しながら作っていたので、生地自体もお酒の十九と同様に大量生産されるものではなかったので。

また、いちから作り直しになりそうです。

次回は、きっちりひとつひとつのパーツを確保し、それなりに数が揃ったところでお知らせさせていただきます。

末なが〜くお待ちくださいませ。


9月に入っても、暑い日が続きますね。


朝晩はそれでも8月に比べれば涼しくなった信州ですが、日中はまだまだ酷暑です。

『ひやおろし』が並び始めましたが、弊社からも『In bocca al lupo!』を発売開始しました!

69177304_669915510153345_2380964568496078848_n.jpg

イタリア語で、「イン ボッカ アッ ルーポ」 『オオカミの口の中へ!』という意味です。



何かに挑戦する人に贈る言葉で 「命がけでことにあたれ!」という感じす。



これに対する返事は【Crepi!(クレーピ) 】『(オオカミ) くたばれ!』と答えます。



元は、狩に出かける人たちの合言葉でした。



新しい局面に立ち向かおうとするとき、試験を受けるときなど、チャレンジする人へ「がんばれ!」「幸運を祈るよ!」と贈る言葉です。



飲食店さんや酒販店さんで、『In bocca al lupo !ください』とお客さまがおっしゃると、『Crepi!』なんていう受け答えがされると楽しいですね!(笑)。


ぜひ、流行らせてください!!



あとは、なにかにチャレンジしようとしている方に贈り物として贈っていただくのも嬉しいです!



オオカミは「大神」とも書き、動物界では一番徳の高い、神様の遣いとして知られています。



関東一のパワースポットでもある、埼玉県秩父市にある「三峯神社」。



神社といえば鳥居の横には「狛犬」が鎮座していますが、この三峯神社は狛犬ではなく「オオカミ」が鎮座しているんですよ。



三峯神社の信仰は「オオカミ」だからなんです。三峯神社にイザナギ、イザナミノ尊(みこと)を祀(まつ)ったとき白いオオカミが神の使いとして現れたそうです。


また日本武尊(やまとたけるのみこと)が山火事にあったとき、オオカミが救ったという言い伝えも。



昔から、霊に憑りつかれた人のことをよく「狐憑き」と言いますよね?その憑き物(狐)を追い払ってくれるのがこのオオカミ。



ジブリ映画の『もののけ姫』もこの犬神信仰をモデルとしたと言われていますが、確かに犬神が山を守り、悪を追い払っているシーンがありましたよね!?




尾澤家の菩提寺 宝秘山玉泉寺でも、江戸時代からの木版で手刷りされる、三峯講のオオカミの御札があるんですよ〜!


69911755_602747173465520_3952188021985509376_n.jpg

土蔵に貼られてたりします。



玉泉寺さんの木版はなんと江戸時代に彫られたもの!



この三峯講のお札を発行しているお寺は少ないらしく、珍しいのだそうです。



「昔、日本にも狼が生息していて畑を荒らす猪や鹿を襲って追い払ってくれる、というところから狼を神の使い、山犬さまとして
崇めたと言われています。


また、狼は泥棒や災難からも守ってくれる神として解釈されるようになって蔵や家の入口にこのお札をはって災難除けとしたのです。


三峯神社がそのお札を発行?していてその神社の神徳として狼信仰を説き、それが三峯講、と言われていたそうです。」とのこと。



弊社の「白いオオカミ」。コロナ禍で、みなさまの守り神になってくれますように。。。



お盆もアッという間に終わりました。


今年は、15日に開催される「とうろう流しと花火大会」が新型コロナウイルス感染症拡大防止にため中止となり、嫁いでから初めてゆっくりお盆も過ごせるかなぁ〜なんて思っていたのですが、なんのなんの、いつもと同じ!?いやそれ以上に忙しく、お盆でお帰りになられたご先祖さまも「相変わらず、ご馳走はないし、ゆっくりも過ごせなかったな」と思いつつ、あちらにお帰りになられたことでしょう(汗)。ホント、毎年毎年スミマセン!!(泣)。


まぁ、でも、盆棚もちゃんと飾りましたし、提灯も全て組み立てて飾りましたし、お団子も作りましたし、天ぷらも揚げましたし、最低限はやったつもりですので、ご勘弁を〜。


で、お盆も終わると、いよいよ令和2年醸造年度へ向けてスタート!?となるわけですが、製造計画をたてなければいけないのですが、どうしたものかなぁと。


冷蔵庫の中には、まだまだ出荷待ち状態のお酒がひしめいていますし、製造石数を思いっきり減らしたいところですが、そうすると酒米農家さんにも多大な影響が出てしまいますし、困ったものです(泣)。


十九ファンのみなさーん!ジャンジャン飲んでくださ〜い!お願いしまーす!!!(←切実です...)


まぁ、酒蔵だけでなく、酒販店さんも、飲食店さんも同じ状況なわけでして...


長野県も、観光や帰省で訪れて下さる方も少なく、なかなかお酒が動かない。

で、ただいま、長野県内のに位置する十九ディーラーさまでは、こちらの『十九タグ』がついているらしい(笑)


このタグが欲しい方はぜひ!酒販店様へ足をお運び頂くか、もしくは、通販でGetしてくださいませ♪


暑い!!本日の信州新町 最高気温 33.7度。前回の37度にならなくて良かったです...


自宅も事務所も、西日がもろに入ってくるので、午後からがめちゃくちゃ暑くなり、室温が高いまま夜に突入するのでこの時間からが体力消耗が始まります(泣)。

先日、発売した『Twinkle Twinkle Little Star』。

showPhoto.jpg

お盆でやっと休みになったというのに、どこにも出かけられない毎日だと思いますが、夜空を見上げるとそこには満天の星空がひろがっています!

コロナ禍で先行きがまったくみえず、かなりお疲れモードですが、3密&暑さを避けて、たまには夜空を見上げに、夜に海や山へ行ってみてはいかがでしょうか?

田舎の夜は早く、もう20時ともなれば寝ちゃうのが、ザ・田舎です(笑)。

そしたら、車のナンバーをみられて肩身が狭い思いをすることもないと思いますので!

直近で発売いたしました『Riccio』。

riccio.jpg

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、今年の『Riccio』は長靴猫同様『コロナ禍』でちょっとでもクスッと笑ってもらいたいなと思い、表情が違う『Riccio』を忍ばせております(笑)。

「コロナ禍なのに、大きい声で話さないで!」と怒っていたり、『早く収束してよ〜!』と困っていたり、「しっかり感染対策しよう!」と真一文字に口を結んでいたり、気分によって選んでいただけます!!

どこの酒販店さんに、どの『Riccio』が何匹いっているのか、また何種類いるのかは、私+社員3名の4名で、面白楽しく貼って出荷致しましたので私達でもわかりません(汗)

お疲れモードですが、ぜひ小休止していただければ嬉しいです!


連日、感染者数更新されています。


withコロナといえども、ここまで感染者が増加してくると、また飲食店さんに時短営業を要請したり、これから迎えるお盆には帰省しないようにとか、緊急事態宣言まではいかないにせよ、なにかしらの要請がありそうな雰囲気です。

そんな不穏な不安な日々ですので、弊社からは幸せを運ぶと言われるあの素敵ラベルシリーズ『Riccio』をリリース致します!!

リッチョと読みます。例のごとくイタリア語で、ハリネズミです(笑)。


なんでハリネズミか?私の髪の毛がハリネズミの如くさらに白髪が増えてきましたが(笑)、ハリネズミはヨーロッパでは背中に幸運をのせて運んでくる縁起の良い動物との言い伝えがあり、住み着いた家は幸運になるといわれています。


イタリアでは実に身近な存在で、森などでちょくちょく遭遇するほどよくいる動物で、森の脇の道路などをのそのそと蠢いている姿を時折見ることができるらしいですし、家の植木鉢の中に丸まっていたりとワンサカいるようですよ。


『Riccio 19』もコロナ禍の中、皆さんに幸福を運んでくる日本酒になれば良いなぁ〜と思って♪


riccio.jpg

今年のRiccioは...

来週の月曜日から順次出荷していきますので、もうしばらくお待ちくださいね!


昨夜からの線状降水帯による大雨で、早朝に特別警報が発令されました。


裏通りの先にある水門が早々に閉じられました。

107276643_278669943194441_6759357513149043247_n.jpg

前日の九州の被災状況をメディアでみていたので、ちょっとマズイかも!?と思いましたが、普段通り、お仏壇、神棚に手を合わせて出社しました。

雨は、強く降ったり止んだりを繰り返していましたが、上流地域の上高地、松本でかなりの降雨量でしたので、各所の河川水位と睨めっこしつつ、土手へあがり川の水位をみつつしていました。

107288103_690666071778721_7131968253549690861_n.jpg

午前9:30頃には一つ手前の河川水位観察箇所で氾濫危険水位を超えたというので、そこから2時間くらいで信州新町に到達してくるので、お昼前くらいがピークに達することになります。

107420263_2812718282168010_5185608187092259470_n.jpg

予想どおり、1時間経つと河川敷が見えなくなり、さらにもう1時間経ったところで土手にあがるスロープの1/3くらいまで水位があがり、その後はその水位をキープ。

上流地域の雨も止み、一つ手前の観測箇所でも水位が下がり始めたので、氾濫の危険はなくなりました。

以前もblogで書いたことがありますが、ここ信州新町は何度も水害に遭った町です。

約30年近くかけて、県とダムを所有する東京電力との協議の末にようやく治水事業を終えて、その結果がここ数年の豪雨でも浸水することなく過ごせています。先人たちのお陰です。

弊社の蔵の壁には当時の浸水の跡が残っています。

九州地区では、多くの日本酒、焼酎の酒蔵さんの浸水被害を聞いております。

浸水経験のある弊社にはとても人事とは思えません。

一番は労力提供ですが、今はコロナ禍ですのでなかなか行くこともできません。

そこで、皆様にお願いです。

ぜひ、被災された日本酒、焼酎を飲んで応援してください!!

目の前の泥をみるとなかなか前を向くことができなくなるものですが、買って飲んで頂けることがどれほど心強くそして前を向ける力をもらえるか!!

みなさん、よろしくお願いいたします。


♪キラキラひかる夜空の星よ〜


って、まだ梅雨も明けたわけではないですが、来週末には梅雨が明けるのでは!?という予報をうけ....

showPhoto.jpg

またまた、横浜中華街 一石屋酒店さまからお写真拝借〜(汗)。

弊社がある信州新町は、田舎なので星が本当によく見えます。

眠らない都会のように、まわりは山々に囲まれ、ライトアップされているのは弊社隣のコンビニくらいですからねぇ(笑)

マスクもせず星空を見上げながら歩くことは、コロナ禍の日本にいてとっても贅沢な時間なのかもしれません。

リモートワークを取り入れる企業も多くなってきましたが、これを機に、自然豊かな田舎でリモートワークなんていうのはいかがでしょうか?

弊社の酒米を栽培してくださっている、天空の田んぼで見上げる夜空は感動ものですよ!!


R2BYになりました!


お酒造りにおいて新年度を迎えたわけです。

あけましておめでとうございます(笑)

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

いろいろなことが起こりすぎて不安しかないR2BY(汗)。

どんな酒造年度にしたいのか??

まったく考えられません!!

が、平穏に世界中の人たちが安心して過ごせるようなR2BYになってくれると良いなぁ〜と思います。


| 1/40PAGES | >>