第2波なのか、まだ第1波の検査残りなのか、よくわかりませんが、行動力がある若者を中心にコロナ感染の拡大が止まらないですね。というより止めるなんてことは、そもそもあり得ないことなのかもしれません。


1週間前には、若き才能ある俳優さんが急逝されましたね。

熱烈なファンというわけではありませんでしたが、なんかこう自分でも驚くほどショックを受けたといいますか...

心の中にある、人に寄り添おうとする気持ちからなのでしょうか。

舞台や映画、ドラマなどテレビをとおして見てきましたが、なんとなく、消えてしまいそうな雰囲気に切なさを感じ、もろくて壊れやすそうな印象を抱いていました。あの笑顔の裏側には隠されていた生きにくさがあったのでしょうか。

以前読んだ本に、HSP(Highly Sensitive Person)のことが書かれていました。
人の「気質」を表す言葉で、「ひといちばい繊細な人」という意味なんだそうです。

研究をしていたアーロン博士によると「DOES」と名付けた4つの特徴があるといわれています。

Depth of processing】考え方が複雑で、深く考えてから行動する

・一を聞いて、十のことを想像し、考えられる

・調べ物をはじめると深く掘り下げ、その知識の広さにまわりに驚かれる

・お世辞や嘲笑をすぐに見抜いてしまう

・物事を始めるまでにあれこれ考え、時間がかかる

・その場限りの快楽よりも、生き方や哲学的なものごとに興味があり、浅い人間や話が嫌い

Overstimulation】刺激に敏感で疲れやすい

・人混みや大きな音が苦手

・友達との時間は楽しいものの、気疲れしやすく帰宅すると、どっと疲れている

・映画や音楽、本などの芸術作品に感動して泣く

・人の些細な言葉に傷つき、いつまでも忘れられない

・些細なことに過剰なほど驚いてしまう

Empathy and emotional responsiveness】人の気持ちに振り回されやすく、共感しやすい

・人が怒られていると自分のことのように感じ、傷ついたり、お腹が痛くなったりする

・悲しい映画や本などの登場人物に感情移入し、号泣する

・人のちょっとした仕草、目線、声音などに敏感で、機嫌や思っていることがわかる

・言葉を話せない幼児や動物の気持ちも察することができる

Sensitivity to subtleties】あらゆる感覚がするどい

・冷蔵庫の機械音や時計の音が気になってしまう

・強い光や日光のまぶしさなどが苦手

・近くにいる人の口臭やタバコの匂いで気分が悪くなる

・カフェインや添加物に敏感に反応してしまう

・肌着のタグなどチクチクする素材が我慢できないほど気になる

・第六感がはたらき、よく当たる

4つのうち1つでも当てはまらない人はHSPではないとアーロン博士は定義しています。

名前だけみると、何かの病気?と思いがちですが、病名ではないので治療法なんてものも存在しないそうです。

繊細さや敏感さは生まれ持った「気質」で、「気質」とは、その人が生まれながらに持っている感受性や気分の傾向などを指す心の特徴で、環境などに影響される性格と違って後天的に変えることはできないもの。

医学的には、もともとストレスを処理する扁桃体が活発で、不安や恐怖を感じ取りやすく、さらに、激しい感情などが起こったときに分泌される「アドレナリン」や、ストレスホルモンと呼ばれる「コルチゾール」も分泌されやすいために、さまざまなことを警戒し敏感に反応してしまうのだそうです。

発達障害や、アスペルガー症候群ともまったく違うものですが、どこか似たような特徴が現れるために、誤解もされやすいそうです。

でも、自分にも当てはまるなぁというところも多くないですか?私も当てはまる部分が多くてびっくりしましたが...。

海外の方よりも、国民性から日本人にHSPが多いそうです。

HSPの人は、人の心に寄り添えることが長けている分、人に振り回される。良心的でなにより相手を優先する傾向がある反面、相手をを思うあまり、「自分が悪いのかも」とか「自分はダメだもっとがんばらなければ」と自分を責める傾向になりやすいのではないでしょうか?

コロナ禍でとくにHSPの人たちは、心が壊れてしまう人が多くなってきているのかもしれません。

時に言葉をかけたり、食事をしたり旅行をしたりすることも必要だとは思いますが、ただその心に寄り添う、心に気遣ってあげることだけでも救いになるのかもしれませんね。

様々なシチュエーションで、心に寄り添えられるような日本酒を醸していかれればなぁと思った出来事でした。


『Go to taravel キャンペーン』、東京都が除外され、地方の観光事業も落胆されところもあったり、東京都内でも地方からの観光客を見込んでいらっしゃった飲食業も落胆されたり、新型コロナウイルスという目に見えないものとの共存が難しいことを思い知らされます。


経済と感染拡大防止、相反することを行うことは、誰も正解が見いだせないんじゃないでしょうかねぇ。

私は、もともと、あまりどこかへ遊びに食べに行きたいということがないので(汗)、ほぼほぼ休日も自宅で掃除したり洗濯したり、本読んだり、DVD鑑賞したりしていますが、遊びに行きたい人の多さに逆にびっくりしております(笑)。

それと、先日の豪雨災害で被災された九州、四国で被災された方々を思うと、とても旅行なんていう気分にもならないといいますか...。でも、そんな気持ちだと、経済が回らず、観光業、飲食業の皆さんが大変になる....。

どうすればいいのか?日々考えても結論は出ずです。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、メディアももっぱらそのことばかり報道するようになりましたが、こうしている今も県外ボランティアが望めず圧倒的にマンパワーも道具類も足りない状況下で、折れそうな心を奮い立たせながら前を向こうとしている方々がいらっしゃいます。


今日も、出社している社員と朝一でこの動画を観て、一緒に涙を流しました。

造っているお酒の種類は違えども、蔵の匂いも見た目もまったく変わってしまったこの気持ちは、酒蔵で働く人であれば誰もが痛いほどわかるはずです。まして、弊社のように浸水被害に遭った酒蔵ならなおさら...

焼酎蔵だけではなく、多くの住宅、工場、スーパーなどがこの状況なのでしょう。

球磨焼酎 豪雨災害支援募金のページです。→ https://omotenashi-sakejo.com/news/kuma_shien/



東京都では、1日当たりで過去最高の201人の感染者。200人という数字は怖いですね...(泣)


この201人という感染者は、二週間前の行動の結果なんですよね。


結果を変えることはできないけれど、『今』の行動で二週間後の未来を変えることができます。


フランスやイタリア、ニューヨークのように医療崩壊をした日本を私はみたくない...

自重しましょう。

自重するってことは、自分の行いを慎んで、軽々しく行動しないことです。

日本国民それぞれの日々の行動が、二週間後の未来を、またその先の未来を変えます。

みんなで、未来を変えていきませんか。


今夜、緊急事態宣言が全都道府県に発令されました。

確かに、長野県でも特に弊社がある長野市ではレベルも2に引き上げられ、クラスターになるかならないかの瀬戸際状況。

企業として今できることとして、万が一休業になったら?と、生産物賠償責任保険を見直してみたんです。
現在加入しているものは、酒造組合中央会の団体保険で主にリコールになった場合の補償が手厚いのですが、万が一社員やお客様が立ち寄りコロナウイルス濃厚接触者となり休業を余儀なくされた場合の補償がないじゃん!!(汗)
そんなタイミングで、弊社の保険代理店さんから、「食中毒・特定感染症利益保証特約が付帯された生産物賠償責任保険があるのですが、待機期間2週間なので今日明日中に加入されれば、人が動くGW前にギリギリ間に合います!」と連絡を頂き、慌てて資料を揃え、加入することができました!(泣)

一方、フランチャイズ契約を結んでいるコンビニエンスの方はというと、本部のファイナンスに問い合わせてみるととくに対応した保険はないとのこと(汗)。むしろ、酒造場よりもコンビニエンスの方がリスクが高く、損害も大きいのでどうしようかと、代理店さんに相談すると、なかなかコンビニエンスの場合は雑貨品も扱っているので難しいかもと言われたのですが、食品と雑貨等の売上と原価が明確にわかる資料があれば法人なのでなんとかいけるかもしれないと連絡を頂き、またまた慌てて本部へ電話をし確認しながら1年分の資料を揃え、さきほど代理店さんから電話を頂き、こちらも酒造場に遅れること2日遅れで加入することができました!(泣)

待機期間も4月中の契約であれば2週間で保険金額もそれでもまだ高額まではいかないで済みますが、5月に入ると条件も変わるかもとのことでしたので、この時期に両会社とも痛い出費でしたが、備えあれば憂いなしと言いますので、タイミング的には加入できたので良かったです(泣)。

酒造場の方は、醪が5本あり、無事搾れるのか?
コンビニの方は、従業員の感染リスクのため時短にするか?

普段の仕事になかなか手がつけられず、何やってるんだ!?って感じのここ数日。
これもなにもかもすべて、コロナのばか〜!!です。


一昨々日のお給料日、「もしかしたら、最後になるかも!?」なんてと思い、ちょっとだけ足して、「最後になるかも...来月は失業保険になるかも」と伝えながら渡しました(汗)


そして、今日は、メインバンクへ出向き今後の相談をしてきました。 昨日の今日なので、詳細はまだわからないので、わかり次第連絡をくださるとのことでした。

新型コロナウイルスが日本に入ってきた1月から、約2か月ほどかけて、保険や工場の設備・商品等見直してきました。
乗り切った先で待ち受けるであろう、この暖冬による水不足、また、ゲリラ的な豪雨などの災害時のために、火災保険を見直し、水害や雷、地震や雪害などの災害に強い保険に切り替えました。

不要不急の外出を自粛された今、夏の暑い時期まで続くかもしれませんので、ぜひともこの自粛中に例えばエアコン設置を考えてみるとか、扇風機を買ってみるとか、マスクや紙製品などのような買い占め状況を見ていると、この先のことも考えてみることも必要かなと思います。 蔵の中では、醪が4本、週末に1本仕込み、甑倒しをむかえます。
酒蔵さんの中では、醪にして搾ってお酒にしても売り上げが見込めないだろうと白米の状態で来季にとっておくところも多いようです。

私も、最後の仕込みについては同じように白米で保管しておいて来季にまわそうと考えていましたが、もしかしたら、これでお酒づくりも最後になるかもなぁと思い、それならば、社員全員でお酒を仕込んで終わりよければすべてよしを選びました!(苦笑)
都市部だけでなく、日本全国各地、ほぼ全国民が、行動変容の意味を理解し、一丸とならなければ収束は厳しいと思います。 飲食業さんも、持ち帰りを始めるところもあり、酒販店さんも通販をしていますので、収束するまで、おうちで飲みましょう!!


今日も、東京では3桁の感染者が確認されたようです。


大都市だけの問題ではなく、数週間遅れて地方へも必ず感染拡大の波はやってきます。

東京や神奈川や大阪のような大都市のように人がいないからと、大丈夫と思わないようにしましょう!

商売を休業して補償をというのも、ものすごくわかります。弊社も同じように死活問題ですから。

でもイタリアやスペインやニューヨークみたいになったらそんなこと言っている場合じゃなくなります。
ダルビッシュさんがSNSで書かれているように、今の日本はそのレベルに行ってしまう前の本当に最後のチャンスなんじゃないでしょうか?

日本酒ファンそして十九ファンの皆様、ありがとうございます。

十九ディーラーの酒販店さまより、「発送してください!」と日本酒ファンの方々からお電話やFAX、ネット注文を頂いていると伺いました。
酒販店さまも、やはり直接接客となると、感染のリスクが高まります。
送料はかかってしまうかもしれませんが、「今」は通販でご購入されることが求められているように思います。

そして、日本酒や焼酎、ワインを購入されて召し上がってくださる皆様は、私たち酒蔵や酒販店さまはもちろんのこと来季の酒米を栽培して下さる農家さん、ラベル等印刷してくださる業者さん、醸造用品業者さん、壜屋さん、間接的ではありますが、今もそしてこれからの日本の経済を戻すためにも、消費税に酒税と貢献していることになります。

みんながそれぞれできること、まだまだあるはずです!



4月に入りましたね。昨日はエイプリルフールでしたが、それを楽しむなんていうゆとりなんかまったくない今の日本、世界です。


飲食業のみならず、観光業、旅行業、製造業などほとんどの業界で休業のみならず倒産も現実問題として出始めてきています。

経済あっての命なのか、命あっての経済なのか...

卵が先かにわとりが先かのように悩ましい...

私も50年生きてきましたが、倒産目前の危機、とてもじゃないけれど返せないほどの借り入れ、さらに明日食料を買うお金がないという日々を10年ほど経験しました。当時は、毎日毎日真剣に首を吊って命を絶つことを考えていました。

でも、そんな時に毎日のように電話やメールで、「今は未来が真っ暗で嫌なことばかりで考えられないと思うけど、命さえあれば、生きてさえいれば、いや天寿を全うするまで生きることが生まれてきた意味のはずなんだ!」と言ってくれる人がいて。

もちろん、そんなこと言われても、現実問題、お金はないし返済もできないしどうやったって無理ということしか考えられず、毎日今日は死のう、明日こそ死のうと思っていましたが、そんなことを考えているタイミングでまた「今日も生きられたね!」なんて無神経なことを毎日言ってきて...。

でもそんなことを繰り返しているうちに、とにかくやれることを精一杯毎日やっていたら不思議といろんな方々が現れては助けてくれて、またそんな出会いを毎日のように繰り返していたら、いつのまにかあれ?うまくいった!なんてことになって、またそんな日々を繰り返していたらいつのまにか命を絶つことなんか忘れちゃっていて、毎日を夢中に精一杯生きるようになって、毎日無事過ごせたことに感謝するようになってというようになっていました。

こんな経験をしたので、食べ物に関しては、「食べられればいい」くらいにしか思わなくなって、毎日3食、ごはんと海苔や漬物とお味噌汁だけで、飽きもしないしものすごく満足するようになってしまい、日本酒を醸す造り手からすると、ちょっとまずいような気がしないわけでもないわけなんですが。

なにが言いたいのかと言うと、やっぱり「命」は大切なんだと思うんです。

自分は新型コロナウイルスにかかっていないから大丈夫だからという気持ち、よくわかります。

でも、薬もワクチンもない今、なるべく接触しないようにしましょうということしかないと思うんですよね。

じゃあそれをやっても収束するのか?と聞かれれば、それは誰にもわかりません。

けど、とにかく今やれることをやってみるしかないと思うんです。

失敗に終わるのか成功するのかなんてのも誰にもわかりません。

成功することを願ってですが、万が一失敗したって失敗から学ぶことの方が案外先々すんなりいくこともあったりします。

とにかく...

おうちにいよう、自分や家族、友達、大切な人、そして誰かのために。

Stay Home For...


今日は、義母の三回忌。


当初は、親戚縁者をお呼びして、法事の後お食事をして、亡き母の思い出話でもという予定でしたが、

こういう世の中の状況でしたので、社長と私と菩提寺住職ので執り行いました。

造りの最中でしたので、準備は昨夜行い、今日はお供えするお膳づくりを朝仕事を終えてから急いで準備しました(汗)。

お経を唱えたあと、塔婆をたてにお墓へ行ったのですが、その途中空を見上げるとなにやら白いものが!

風が強く吹いていたので、白い布かビニール!?が空高く舞い上がったのだと思いますが、まるで白龍のようでした。

しかも二つの白龍が。

ご住職が「父さんと母さんが白龍にのって来て、また帰っていったのかもな」と。

本当に白龍のようで、びっくりしました。

いつも天空から見守ってくれているご先祖さま、そして義父義母ですが、これからも見守っていてくださいねとお墓で手を合わせ、

無事に三回忌を終えることができました。


初めて使う麹菌に悪戦苦闘している毎日です...

今日は出麹した麹を量り、掃除をしたいたときに悲劇が!

デジタル秤を所定の位置に戻そうとした時、脛に思いっきり秤をぶつけてしまい、うずくまること十数分...

今日は、社員たちもそれぞれ皆1人作業していたので、助けを呼ぼうにも誰もそばに居ず....

しばらく、足をつけられずにいましたが、痛みも和らぎ恐る恐る見てみると青あざになっていました。

しっかり冷やしております。

お酒造りも終盤になってくると、蓄積された疲れから、怪我が多くなってきます。

休めるときにしっかり休んで、とりあえず甑倒しに向けてがんばります。


量が少ないので一人麹作業が続いているのですが、さすがに50歳ともなると睡眠時間3〜4時間では体力の回復もままならず、身体の裏側がバッキバキに筋肉痛...


肩もカッチコチに凝ってしまい、頭痛まで引き起こすほどでして...


鎮痛剤片手に、歩きながらストレッチしつつ乗り切ろうとはしているのですが、思うように身体が動かず、天を見上げて「馬場先生、ちょっと助っ人探してよ〜」とボヤいております(笑)。

馬場先生がご健在の頃は、なんとなく無理無茶して詰め込んでやっているだろうということがなぜかバレバレで(汗)、タイミング良く来蔵されては「は〜い!作業ヤメヤメ。何をそんなに急いでやっているんですか。ゆっくり無理せずやればええねん」と言いに来てくれていたんですよね。

昨今は、気温も暖かくなってしまうのでなるべく早く仕込を終わらせないと衛生的にも醪管理も大変になりますから、多少の無理は仕方がないと覚悟のうえで行ってきているのですが、年老いた身体にはかなり堪えます。

今年は、真剣に、若手社員の雇用を考えないと、私と一つ違いの社員Y君も堪えていますから二人共倒れになったら蔵はまわしていかれませんからね。

しかし、よそのお蔵さんでは、若手社員さんがたっくさんいらっしゃってうらやましい限りなのですが、どうして弊社には応募すらないのか...

蔵か私か蔵元に問題があるのでしょうね、きっと(泣)


| 1/71PAGES | >>