GW後半に突入した今日、弊社売店に一番乗りして下さったお客様、なんと岡山県から!


岡山県内には十九取扱酒販店さまがないので、大阪の酒販店さんからご購入されていらしゃるそうです。

お客様 「十九の蔵に来たかったので!」(汗)。

 私  「何時間かかります?」

お客様 「10時間くらいかな?夜の22時に出てきました〜」

 私  「・・・」


立ち話でしたが、現在の蔵の事情やら、今後リリース予定の十九の話しなど。

ちょうど、心がやさぐれていた時でしたが(笑)、「買って飲んで応援しますから!」とエールをいただきました(笑)

いやぁ〜嬉しいですね!弊社売店では十九を販売していないこともご存知でいながら、10時間もかけて会いに来て下さるなんて。

しかも、しかもですよ!この貴重なGWという休暇を利用して弊社までお越しくださり、「がんばってください!」と(泣)。

造り手からすると、とても幸せなことです。

「長野でしか買えない十九もあるのですか?」と聞かれましたので、「真田町の酒販店さんに在庫があればですが『Sanada

barbican 19』がありますよ!」と伝えると、「じゃあ、行ってみます!」と弊社を後にされました。

こりゃ〜、やさぐれている場合じゃないですね!(笑)。

一升瓶のその先で待っていてくださるお客様のためにも、ガンバルゾ〜♪(笑)


葉桜になりましたが、明後日からはゴールデンウィーク突入の方々も多いのではないでしょうか?

GW中は、ゆっくり蔵の片付けやら掃除をしようと目論んでいたのですが、地元向け銘柄の日本酒がほぼ在庫切れになってしまい・・・(汗)
急遽、Y君が同時に3種類のお酒をめられるよう準備中・・・

地元向けとはいえ、「十九」銘柄を数種類ブレンドしているのがバレたのか(笑)、「買ってみたら美味しかったからまた買いに来ました!」なんて言ってくださる方も(嬉)。

弊社直売所では、「十九」は販売していないのですが、やはり地元の皆様には「手頃」で「扱い容易」でかつ「美味しい」ものをぜひ飲んでもらいたいですからねぇ(笑)。

「純米吟醸」も「純米」も「普通酒」までも在庫がカラッカラに(泣)。
なんとか、5月頭には店頭に並べたいと頑張っておりますので、お待ち下さいませ。


本日、めでたく!?「皆造(かいぞう)」を迎えました!!

皆造」とは 、それぞれの酒蔵で、その年度の醪(もろみ)を全て搾り終え、出来たお酒と 酒粕の数量を計測したときを皆造(かいぞう)といいます。かつては、この日に「皆造祝」と いって、蔵主側から蔵人たちにお祝いの席を設け労をねぎらったんですよ。

今季最後となった粕剥がしは、私とY君で行いましたが、最後の1枚を剥がし終えた時に二人で「終わりましたね。お疲れ様でした」と声を掛け合い、労をねぎらいました(笑)。
私と1歳違いのY君も頸椎症を患いながら、そして二人とも若い頃とは違って疲労が抜けず正直体はボロボロです(泣)。
いろいろと今後のことも含めて考えさせられる28酒造年度でしたね。
IMG_0485.jpg
まだまだ、蔵の掃除を全くしていませんから、とりあえず搾ったお酒の壜詰めと火入れを行ってから掃除にとりかかるとなるとGW中は掃除三昧になりそうです(汗)。
先日発売しました『Riccio』コツコツラベル貼りをしていますので、もうしばらくお待ち下さいませ。


雨予報でしたが、なんとか曇りにとどまってくれたいるお天気です。

今日明日と開催される『ろうかく梅園花まつり』も、盛況なようです。
仕事の合間に見に行ってみようと思ってはいるのですが、今日の仕事内容はそうもいきません。


 
IMG_0457.jpg



蒸し燗火入れ作業をしています。
生酒を約62度くらいまで蒸し燗にかけることでお酒の成分中の酵素や酵母を不活性化させます。
その後、即急冷するのですが、いきなり冷たい水をかけてしまうと壜が割れてしまいますので、気を遣いながら速やかに冷やしていきます。
肘が痛くなってきました・・・(泣)


一気に春がやって来たような気候になりましたねぇ〜。

連日20℃越えが続いていますが、終末に開催される『ろうかく梅園花まつり』会場の梅も咲き乱れております。
梅の花の下、ジンギスカンが楽しめるようにジンギスカン鍋など一式貸し出しがあります。
会場の一角では、弊社社員H君が奥様と『もんもカフェ』を出店中でして、美味しいこだわりクレープやソフトクリーム、H君が剥がした『十九 板粕』も販売しております!!
ぜひぜひ、信州新町へお出かけくださいませ。

 
で、そんな春うららかな外とは一転、仕込み蔵では室温も9℃まで上がっていて、醪の品温をコントロールするのが大変なわけでしてねぇ・・・(汗)。
せっせと製氷機君に氷を作ってもらっては、マイナス20℃の冷凍庫へ運んで貯蓄しつつ、タンク下に入れて風を当てて冷やしております。


 
IMG_0471.jpg



こんな原始的なやり方ですが、これが結構効くんですよ〜。
溶けた氷を入れ替える際にタンク下に入るとひ〜んやり。
この時期の醪ちゃんのお世話は大変です(笑)


今日は、初々しいスーツを来た新入社員が見受けられましたね。

弊社も、初々しい!?わけではありませんが、このblogにも何度か登場している、H君とH君の義姉Hさん、4/1より正式に社員になりました!

Hさんは、とにかくラベルを貼るスピードがほぼ私と一緒で、出荷作業も安心して任せられる方です。
H君は、とにかくY君同様力があるのと仕事にランクづけしない方なのでうちみたいな少人数でなんでもやらなければならない酒蔵にとっては本当に有り難い人材です。
二人とも、まだ小さいお子様がいらっしゃるのと子沢山なので、子供優先で仕事をしてもらっております。
今日は、社会保険・退職金・雇用保険・勤労者互助会等々の諸手続でほぼ1日終わってしまいました・・・(汗)
小規模企業でも、企業としてできる限り社員のために手厚くできることはしてあげたいですからね!
入社式という式はありませんでしたが、改めて二人にはこれからもよろしくお願いしますとご挨拶しました。


昨日、ようやく甑倒しを迎えることが出来ました!

いやぁ〜、今年は長かった・・・そして毎年鬼門の2月にのっぴきならない事情勃発し・・・
毎年毎年なにかが起こる弊社ですが、本当に・・・キツカッタデス・・・
IMG_0441.jpg
お見苦しい写真なのですが、私の右足です(汗)。
なぜか、倍以上に浮腫んでしまっているのですよ・・・
お風呂に入ってマッサージしても、温めてもまったく元に戻る気配はなく・・・(泣)
右手も同じく浮腫んでおりまして、ブラシが握りずらいこと。
ここまで浮腫むと、痛みが出るものなんですね。初めて知りました。
疲労がたまりすぎてしまっているのでしょうかねぇ〜(汗)。
こんな私を支えてくれたのが・・・
IMG_0442.jpg
ジャーン!今季、購入した「スポットクーラー」です♪
低い室温10℃前後でも冷たい風が出てきてくれる優れもの。
なので、酒母室の室温も下げられましたし、蒸かしあがりを遅らせてもしっかり蒸し米を冷やしてくれましたしので、目標の仕込み温度で留めることができました。
蒸かし上がりを遅らせることができると、社員たちも少しでも休めることができますからね。
こういう設備投資ができたのも、無事甑倒しを迎えることができましたのも、十九を販売して下さっている取扱酒販店さま、そして購入して下さる飲食店さま、消費者の皆様のおかげです。本当に支えて下さりありがとうございました!!
残り3本の醪の管理をしつつ、来季に向けてしっかり片付け&掃除をしてまいります。


のっぴきならない状況は変わりませんが、第5クールの仕込みをちょっとだけ遅らせてゆとりを持たせた計画にしましたので、毎日出来ることをやっていくだけになりました。

H君とH君のお義姉さんのHさんにも入社したてにもかかわらず、支えてもらっていてありがたいの一言に尽きます。
たまには、仕込み蔵の様子をお伝えしますね。
IMG_0410.jpg
「ガンバレ!」と言ってくれているかのように、大きな玉のような泡が顔を見せてくれます。
IMG_0413.jpg
こちらは、なんて表現すればいいのでしょうか?
ふわふわモコモコしています。
のっぴきならない状況でかなり精神的にも追い詰められるのですが、仕込み蔵でそれぞれの醪のこういった姿を見ていると気持ちも癒やされます。
毎日、「がんばろう」って励まされております。


昨日は、4?回目の(笑)誕生日でした〜。

H君ご家族から、美味しいケーキをプレゼントに頂き、そういえば師匠の馬場先生がご健在の時はケーキを持って現れたなぁ〜と思い出しておりました(泣)。「ハイ!お誕生日でしたね!そろそろ吟醸搾った頃だね」なんて・・・
今のこののっぴきならない事情の弊社をみて何て言うのかなぁ〜なんていろいろ今後のことも考えた誕生日でしたね。
で、意を決して・・・昨日から第5クールの洗米を始め、今日から麹つくりです。
朝の蒸かしから櫂入れ作業は一人でこなし、蒸かし上がる頃にY君、社長が来てくれました。
麹つくりも、一人で作業ができるよう多くて白米100kg分に第5クールは修正しました。
午後は、九州から十九取扱酒販店 田染荘さんが、「手伝いに来たよ!」と現れてくれて(笑)、楽しいひとときを過ごすことができました。いやぁ〜楽しみなことが増えましたよ!
明日から信州は冬に逆戻りするらしく、これもきっと馬場先生からのプレゼントかもしれませんねぇ〜。


良くない出来事がなぜか毎年同じような季節にある弊社。
「この季節は鬼門か!」というほどここ数年続いております。
そして今年も・・・
のっぴきならない事情」で、現在少ない人数で業務を遂行しております。
明日の留仕込みを終えると、残り3本仕込めば28BYも甑倒しを迎えることになります。
先日、『Gattolibero』のインフォメーションをblogにupしましたが、「のっぴきならない事情」で少々発売が遅れます。
というよりも、十九取扱酒販店さまに商品ご案内さえできておりません
各酒販店さまに、お問い合わせが殺到しているようですが、弊社に酒販店さまから電話なりメールなり頂くのですが、電話すら出られずメールも返信できないほど、「のっぴきならない事情」が、今弊社に起こっていることをどうかご理解いただき、少々お待ちいただけないでしょうか?
弊社は、瓶詰めや壜洗い専門の社員やパートはいなくて、社員3名とパート1名に社長と私の6名ですべてを行っています。
そのうち、社員1名とパート1名は今季というかつい先日入ったばかりなので、まだそれほど経験がありません。
社長も、コンビニ勤務が入ると酒造場の仕事には入れなくなります。
そんな会社の状況下で、さらに「のっぴきならない事情」なわけです。
信州といえども、3月に入ってくると気温も暖かくなってきますので、なるべく早い時期に残りの3本も仕込んでしまいたいのです。
仕込みをとにかく優先させたいのです。
こちらの勝手なお願いごとで本当に申し訳なく思いますが、どうか仕込み作業を優先させてください。お願いします!!

 


| 1/30PAGES | >>