お盆weekもなんとか乗り切ったのですが、どうにもテニス肘をこじらせてしまった左肘が痛く往復1時間30分かけて接骨院に通ったり、更年期障害で婦人科に通ったり、喘息になり吸入ステロイドにお世話になっていたり、すっかり病院通いの日々を過ごしておりまする(泣)。
 

そこに、突然報道された『SMAP年内12月31日解散!!!』

十代後半からずっ〜と大好きでした。

西武園ゆうえんちあったイベントステージ『アイドル共和国』で、オートレーサーへ転向した森君と今のSMAPメンバーがレギュラーでステージにたっていたあの頃は、まだ香取君も草君も小さくて・・・

ステージが終わると、中居君、木村君、森君のちょっとお兄さん達と子犬のようにじゃれあっていたっけねぇ。
報道内容を読む限りでは、あの頃から時に母として父として見守り続けここまでのアイドルに育てあげたマネージャーさんをめぐり、自分たちで解散を選んだことなので、ファンとしては尊重して受け入れるしかないわけですけれどねぇ(泣)。

こんなショッキングな出来事もあり、身体的にも精神的にも大ダメージを受けておりまする。
なんか自分の中でもひとつの時代が終わってしまったような喪失感といいましょうか・・・
このままSMAP解散と共に「十九」も終えてしまおうかなぁ〜なんて思ってみたり(笑)

人間、体にダメージがあるときはなかなか前向きなことを考えられないものです。

オリンピックでも、女子レスリングが大活躍でしたが、かなりの重圧がかっかた吉田選手は惜しくも銀メダルに終わり吉田選手の悔しさと申し訳ないという謝罪の言葉には涙しました。それでも吉田選手の背中みて、後輩選手たちは頑張ってこられたわけですから大きな役目を果たしたことになります。なかなか晴れ晴れとした気持ちでは帰ってこられないかもしれませんが、それでも堂々と帰国してきてもらいたいものです。

♪『がんばりましょう』を聞きながら、たまった事務仕事をしていま〜す!


今日は、月1で開催されている『ひつじの会』!?に行ってきました。

今流行の「羊毛フェルト」でひつじを作ってみたり、羊毛を編んでぬいぐるみや洋服なんかつくってみたりする会です。
裁縫関係は苦手ですので、私はどちらかというと原毛処理に興味があったので、原毛を洗う作業と、糸を紡ぐ作業を教えて頂きました。
 

左が洗い終わった原毛。右がまだ汚れが目立つ原毛。
お湯とカセイソーダで作られた洗剤で何度も何度も優しく丁寧に洗っていきます。
ゴシゴシ洗ってしまうとすぐフェルト状になってしまい、フワフワ感がなくなります。


次にあらかじめ洗ってゴミ取りをした羊毛を糸にする作業。
昔は手や足で行う木製の糸車でしたが、現代は電動のものです。
いやぁ〜、「糸を紡ぐ」という作業は生まれて初めてやりましたが、ちょっと感動しましたねぇ。
私もお酒造りをしていますから、「ものづくり」の原点に触れさせてもらったといいましょうか。
繊維をよって糸を作り、洋服や布を作っていくのですものね。
根気のいる作業ですし、昔の日本人は凄いなぁと思いました。現代人は趣味ではできるものの商売としてやるには根性がある人でないと無理でしょうし、なるほどアジア系の国々にお任せになるわけだとも思いましたよ。

糸は1本の繊維からできているのではなく、何本もの繊維を「よりあわせ」て1本の糸となる。
その「よりあわせる」ことを「つむぐ」というのですね。
なんだか、うちの会社の中のようで感動して帰ってきたのでありました(笑)。


今日は、11月3日(月)、文化の日ですね!社長と私の22回目の結婚記念日です(笑)。
文化の日は、必ず晴れると言われているとおり、今日の信州新町も爽やかな秋晴れです。
そんな青空とは対照的に、私たち夫婦二人の心は晴れることもなく、悲しくて切ない結婚記念日となってしまいました。
先月中旬から、慢性腎炎で尿毒症を患っていた14才になる愛犬が深夜旅立ちました。
2000年7月20日海の日に、我が家にやってきた2匹目のワンコでした。
先代の大型犬のワンコが大好きで、よく2匹でじゃれ合って遊び、先代犬が旅立ったあとやってきた3匹目のワンコをベロベロ舐め回すほどかわいがってくれた、賢いワンコでした。
2000年というと、ちょうど会社が一番大変だった時期なのですが、精神的に疲れ果てて自宅へ帰ってくると、「遊んで遊んで!」と純真無垢なワンコをかまうことで、ストレスが解消されました。
仔犬の頃からあまり病気やけがをすることもなく手のかからないワンコでしたが、最期の数週間は毎日点滴をうちに病院へ通い、寝返りをうたせてあげたりしていました。
家族みんなで、先代犬が眠る隣に埋葬してあげましたが、もう号泣で・・・。
造り酒屋の犬らしく、ある日ワンカップを全部のんでしまって二日酔いになっしまったり、ゲージのうえから出て机の上に置いてあったドッグフードを半分以上食べてしまったり、沢山の思い出を残していってくれました。
朝方、不思議な夢をみました。
先代犬を連れた義父が小川の橋の向こう岸にいて、「ジミーが亡くなったから、赤色灯は目立つから黄色いパトランプみたいなものを点けてやったらどうだ。わかる人にはわかるようにしてやれや」と言うので、「なんで?黄色いパトランプなの?」と聞き返したところで目が覚めたのですが・・・(汗)。なんだったのだろう・・・(笑)
一番かわいがってくれたいた義父と大好きだった先代犬がお迎えにきてくれたのかもしれませんね。


 台風の影響なのか、涼しいというよりも肌寒いですねぇ〜(汗)
お燗が恋しい季節ですね!!

こんな日は、熱燗なんていかがでしょうか!!(笑)

P5190010.jpg

P5190003.jpg

冷蔵庫にあるものでおつまみを作り、今晩はこの2種類のお酒をお燗にして晩酌を楽しもう
と思います♪


 めっきり涼しいというより肌寒い信州になってきております。
あいかわらず、左腕・左肩が痛く腕の腕の外側から小指・薬指の2本が痺れて気持ちが悪いです。
それと、雨がシトシト降り湿気が多く、古い家なので、ムカデが出現し日夜闘っております(泣)。

先日、蔵人Y君が「これ読む?」と手渡してくれた「県庁おもてなし課」という本。
今年から、町の観光協会の仕事を少々手伝っているのですが、まぁこの本に書かれている内容と
一致することの多いこと多いこと(笑)。
おかげさまで、一気に読み終えてしまいましたぁ。

著者は「有川浩」。てっきり男性かと思っていたら女性なんですねぇ。
しかも、売れっ子の作家さんでして、TVドラマにもなったり映画にもなったり、最近だと「図書館戦争」有名ですよね!?
そういえば、夏休みに実家に来ていた姪っ子が夢中で読んでいたのはこの人が書いていたんだぁと知ったわけでして・・・(汗)
「大人向けのライトノベル」なんて言われていますが納得です。
自衛隊シリーズなんかもあって、早速購入、大人買いしちゃいましたよ(笑)

読書の秋ですからね♪
本を読み終えてから、決算準備をしよう・・・そうしよう・・・間に合うのか・・・まっいっか・・


 実家の母親が、「あなたに見せようと思って・・・」とおもむろに封筒から取り出したコピーされたもの。
なんでも、お盆にお経をあげに来てくださった住職と亡き父の話をした時に、「そうそう見てもらいたいものがあるので送りますね」と送られてきたものなんだそうだ。
この住職と亡くなった父は、小学校・中学校・高校と同級生で無二の親友です。
コピーされたものは、父が中学校3年生の頃書いた文集と野球好きな父の一面が写し出された仲間との写真。

要約すると・・・
「むっとする真夏の暑さもゆるみ、”こおろぎ”・”はたおり”などの昆虫たちが今を盛りと鳴いているサマータームのひとときに無理して久しぶりに勉強をしようと机に向かってみたものの雑念が多くなかなか捗らない。映画を見終えたらしい人が大きい声で家の前の道を下駄をならしながら話している。
さらに耳を澄ませば、耳元をかすめていく蚊の羽音、さらにその蚊を狙っている虫の羽音。
そんな虫の声にさらに耳を澄ませば、外からこおろぎやはたおりむしの声が聞こえてくる。
この虫の音も聞こえなくなるころ霜がおり冬になる。常に自然は春夏秋冬を時計の針の如く繰り返していて、自然の偉大さを感じると共に尊敬の念を感じる。この自然を人間は征服することはできず、
自然を尊敬し粗末にしないように考えていかねばならない。
先に読んだ清少納言の枕草子の一節に、秋は夕暮れとあったが、夕暮れだけでなく秋はないもかもが良いと思う。秋のシンボルとしてこおろぎたちの昆虫がいるわけだが、もし彼らがいなければどうだろうか?虫ばかりではない周囲の紅葉の山々もよい。その紅葉にするのもすべて自然なのである。
なんと偉大なんだろう」

まぁ、私が父の文集を読んで要約するとざっとこんな感じです(笑)

で、「はたおり」って虫はいったいなんだろう?「オシリカジリ虫」なら知っているけど(笑)・・・と思い調べてみると、

「虫は鈴虫。茅蜩(ひぐらし)。蝶。松虫。蟋蟀(きりぎりす)。促織(はたおり)。…」

と、清少納言の随筆「枕草子」に書き綴られていました!
機織りの音に似ていることから「促織虫」と呼ばれていたようですが、現在では「きりぎりす」だということ。

私は小さい頃、外で男の子達と昆虫採集や野球をしていたので、かぶとむしもクワガタもキリギリスもこおろぎも手で捕獲することは何の抵抗もないのですが、本を読むことが大の苦手・・・(汗)
なのですが、これを機に『枕草子』でも読んでみましょうかねぇ〜(笑)
これと真逆に、私の兄は昆虫採集は大の苦手ですが、幼き頃の写真にはは必ず私の傍らで本を読んでいる兄が写っています。
二人兄妹、亡き父を半分づつ受け継いだってことですね(大笑)


 DSC_0176.jpg

ここ数日とにかく寒い・・・マイナス11度なんて日もありましたねぇ(泣)
寒い環境でお酒が仕込めることはとても喜ばしいことなのですが、人間にとってはあまり好ましく
ないですよね・・・(汗)

で、この「ユッケジャン」!!
このユッケジャンに、チャーハンおにぎりを一つ入れて「クッパ風」にして頂いております。
これがなかなか良いお味でして、体も温まりますし毎日のように食しています。

寒さの影響か、美味しいからなのか、お店にない日が続出しておりまして・・・
今度入荷した時は大人買いしちゃおうか迷っております(笑)。

おかげさまで、年内の仕込みは今日で無事終了♪
明日からは搾りの準備と、麹室の燻蒸殺菌になります。
仕込みはないとはいえ、6本の醪のカイ入れ&検温&分析もありますから、年末年始休みは
ありません!!(泣)。


 『北風小僧の寒太』という歌ご存じでしょうか?
私が幼稚園?!くらいでしたかねぇ〜、NHKのみんなのうたでよく流れていた曲です。
TVで流れる絵も曲も大好きで、自宅へ戻る帰り道、近所迷惑も顧みず大きな声で歌って
帰ってきたことをよく覚えていますよ(笑)

その『北風小僧の寒太郎』、軽井沢町の井出隆夫さんが作成されたそうで、先日その歌碑の
除幕式が松原湖水辺公園で行われたと新聞で知りました。

今思えば、父の転勤で長野市へ引っ越してきたので通っていた幼稚園ではなかなか仲良く
なれず、今でいう「いじめ」にもあっていましたが、親を心配させまいと健気に楽しいよと通って
いた記憶があります。
そんな心情と、『北風小僧の寒太』のどこか一人で寂しげなでも強く頑張っているという姿が
重なっていたのかもしれませんねぇ。
そんな幼少体験が、皆で何かをしたりするのが少々苦手、一人でコツコツやることが好きという
性格にさせたような気がします。

それはそうと、11月に「十九の会」があるかもしれません(汗)。
詳しいことはこれからですが、私は家を空けられませんので代わりに蔵人S君が行くことに
なっております。
社長が送り迎えでお邪魔するかもしれませんが・・・(笑)
詳細が決まり次第upしますので、ぜひぜひ皆さん、蔵人S君に会いにきてくださいねぇ♪



 いやぁ〜しかし毎日暑いですねぇ〜(泣)
この暑さの最中、今日は瓶洗いを蔵人Y君と二人で行いました・・・
汗まみれになりながら、途中、社長も瓶を運んでくれたり手伝ってくれたりで、なんとか
全員熱中症になることもなく終えることができました(笑)

午後は、出荷準備のためこれまた暑い作業場でラベル貼りを一人で・・・
ただラベルを貼っているだけなのですが、汗が滝のように流れ落ちます(笑)
まぁそれでも、今日はこのCDを聞きながらだったので苦にもなりませんでしたけれどね!!

DSC_0008.jpg

皆さんもテレビから流れる桑田さんの曲を耳にしていると思います。
ドコモ携帯CMで流れている曲にはまっております♪


 昨日は、社長と二人でレイトショーをみに映画館へ。
市内にある『グランドシネマズ』。
社長は、初デビューです!(笑)
先日、公開されたばかりの『MIB3』を3Dで。
レイトショーは料金も安いし、駐車料金も無料になるし、平日昼間・土日祭日営業
している自営業者にとっては平日夜くらいしか時間がとれませんからねぇ(泣)
しかも、とっても空いているので座席も良い場所でみられますしね♪

『MIB3』はとても面白かったですよ〜。
3Dだったので、迫力もありましたしねぇ〜♪
社長的には、映画が楽しかったのもありますが、夫婦二人で久しぶりに映画がみられた
ということの方が嬉しかったようですけどねぇ(笑)

次回は、J.デップ様の映画『ダーク・シャドウ』をみに行こうかと思います!!


| 1/5PAGES | >>