日本酒のイベントにあまり参加してきていない弊社ですが、唯一毎年参加していたのが、地元 長野市で開催される『酒Trap』というイベント。


今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止上からイベント開催が中止となったのですが、日本酒スタンプラリーとして、昨日10/1からスタートしました。

202010021.jpg


202010022.jpg

弊社は、勢正宗さんと共に、酒Trap初参加!?の『びんずるさんの胃袋』でお酒がお待ちしております(笑)。

びんするさんの胃袋』の公式ホームページはこちら

早速、社員A君が「Yさん、サバですって!連れて行って下さいよ〜!」と言っていましたので、突然予約して現れるかもしれませんよ〜(笑)。

ネットから予約もできますし、お得なクーポンもあるみたいです♪

私は「トロ鯖炙りしゃぶしゃぶ」と「トロ鯖藁焼き」が食べたいです!!

お店でしか見られない、各蔵の動画が特典として見ることができますし、10店舗23蔵制覇すると協賛の酒販店さまで景品を頂けちゃいます!何が貰えるかは、お楽しみにぃ〜♪

十九ファンの皆様、『びんするさんの胃袋』へGo〜♪


朝晩、めっきり涼しく いえ、寒くなった信州です。


ですが、日中は半袖1枚でも良いくらい暑いのですが、夕方になると、寒くなり上に1枚重ね着しないと風邪ひきます(汗)。

昨日は、うっかりしていましたが、【日本酒の日】だったようですが、酒税の税率が変わったり、タバコの値段が上がったり、帳面の入れ替えだったりで、バタバタと右往左往していましたよ(泣)。

しかも、中秋の名月でしたが、皆さんは空を見上げてみましたか?

月は、表と裏があり、エネルギーを奪う星なんですよね。なので見上げるものではなく見下ろすもの。

平安時代の貴族たちは、水面に映る月を眺めたり、盃の中のお酒に月を映して眺める事が風流だとされていたそうです。

水面に逆さまに月が映ることから良いこととされ、エネルギーを吸収する月が逆さまに映っているので逆にエネルギーをもらえるというわけなんですね!

なので、私も、盃に日本酒を満たして、満月を映して眺めながらいただきましたよ(笑)。

で、こっそり発売しちゃっていますが(笑)、久しぶりに『Surlie』をリリース致しました♪


ワインづくりの工程のひとつに、『組み立てる』という言葉が語源の『アッサンブラージュ』があります。

様々なキュヴェ(ワイン原酒)をブレンドすることで、ワインの個性を創りあげる工程です。

今回の『Surlie 』は、十九ブランドの新しい取り組みとして、2種類の日本酒のキュヴェでアッサンブラージュし、加水したものになります。
Go to Travel、Go to eatも始まりました!2本のGo toで日本経済を元気にという願いも込めて...



| 1/1PAGES |