今年の梅雨は、異変が続いていますね。
九州南部では記録的な豪雨が続き、関東では突風や局地的大雨に見舞われ、東北地方はつい先日梅雨入りになったばかり。
原因の一端はとされているのは、海面の水温が平年より高くなるエルニーニョ現象にあるようですが。
信州も、午前中はカラッと晴れ、夕方には雨雲に覆われ避難勧告がでるほどの激しい雨が降る日々です。
最近、「十九」をお買い求めに弊社売店を訪れるお客様がいらっしゃいます。
ですが、弊社で製造はしているのですが、販売はしておりません。
「せっかく来たのに」「ここで造っているんでしょ?」「○○酒造では売ってくれたよ」とお叱りごとをいただくわけですが・・・

消費者の皆様にお買い上げ頂くことがなによりなわけですが、それでも一人のお客様が年間にご購入していただける本数は限られてきますよね?
酒販店様は、一般のお客様のほかに飲食店様も抱えていらっしゃいますので、かなりの本数を販売していただけているわけなんです。
昨今、酒販小売免許が規制緩和され、そこかしこで酒類を販売できるようになり、もともとの酒屋さんが経営が厳しくなり廃業に追い込まれています。
弊社のある信州新町でも、高齢化も手伝い、昔からの酒屋さんは3軒ほどになってしまっています。
酒蔵は、造ったお酒を買っていただかなければ成り立っていけません。
一般のお客様も含め、酒販店さんも生き残っていってもらわなければならないのです。
なので、ぜひ酒販店さまへ行って購入してもらいたいという思いから、「十九」銘柄は酒販店さまでお買い求めいただけるように酒販店限定流通させています。
例えば・・・
車を購入したいからと、車の生産工場へ買いに行かれる方はいらっしゃいませんよね?
車のディーラー(販売店)へ行かれると思うのですが、それと一緒だと思うんです。
ディーラーでは、その車の性能やらなにやらとても詳しく説明してくださいますし試乗もできたりしますよね!
質問すればすぐ答えてもくれる。
自動車メーカーと特約店契約を結び、車を知り尽くした販売業者のことをディーラーというように、同じく弊社と契約している「十九」取り扱い酒販店様は、まさに「十九ディーラー」ですので、弊社のことも十九のことも知り尽くしていらっしゃるわけです(笑)
どうか、ご理解いただき、ぜひ、十九ディーラーへ行って十九をお買い求めくださいませ。
よろしくお願いいたします。

 


comment









| /PAGES |