昨日はポカポカと春を感じさせる陽気でしたが、今日は真冬に逆戻り。

深夜には雪が降るらしいです(泣)。

コソッと発売中のお酒です。
IMG_0331.jpg
『金紋錦』という酒米で醸した純米吟醸酒です。
長野県生まれの酒造好適米の中でも、“幻の米”として注目を集めているのが「金紋錦」。
金紋錦は「たかね錦」と「山田錦」を交配させたハイブリッド米で、長野県の北部にある「木島平(きじまだいら)村」でしか栽培されていない稀少品種です。
実はこの金紋錦、昭和31年に開発されてから県内各地の酒蔵で使われていましたが、栽培が難しかったり当時の技術では精米も難しかったりと、何かと扱いにくい米だったそうです。その後、「美山錦」や「ひとごこち」など栽培しやすく質のよい品種が新たに開発されると、次第に使われなくなり、長野県で生まれた酒米でありながら、ついには栽培するのは木島平村だけ、酒米として使用するのは石川県のたった一つの酒蔵だけとなってしまったのでした。
そして時は過ぎ、今から数年前。「地元の米で個性あるいい酒を造りたい」と、木島平村の隣にある飯山市の酒蔵が金紋錦に注目しました。県内でまったく使用されなくなってから、木島平村では、金紋錦の栽培技術の改良や品質向上に石川県の酒蔵が積極的に関わり、収穫した全量を一手に買い付けていました。ですから、その酒蔵の金紋錦に対する思い入れには並みならぬものがあったことでしょう。飯山の酒蔵は金紋錦を分けてもらうよう何度も何度もお願いし、やっと平成16年、再び金紋錦を使えるようになり、平成28年度産の金紋錦から飯山以外の県内酒蔵にも供給されるようになり、信州の“幻の酒米”が復活したのです!
弊社では、数年前にたまたま手に入った金紋錦で醸したことがありましたがそのときは本当に試験醸造くらいの僅かな量でしたので大々的にはアナウンスはできませんでした。
金紋錦の特徴!?っていうのが、正直まだつかめていないのですけれどね。
今後も「金紋錦」でも醸していく予定です!
よろしくお願い致します♪


comment









| /PAGES |