前回blogをupしたのが7/16。

気がつけば、7月も終わり8月も3日が過ぎました・・・(汗)
酒粕詰めも無事終わり、なんだか来客が多かったり、打ち合わせが多かったり、相変わらず仕事や時間に追われる日々を過ごしております・・・
そんな7月のとある日の昼下がりの出来事。
H君が、「ママ〜!(なぜかH君は私をママと呼ぶ・・・)カモシカ!!」と外で叫んでいるので、
炎天下、暑さにやられてしまったのかと思いながら事務所をでると、なんと目の前にカモシカがっ!!
タッタカタッタカと会社の門をでて隣のコンビニの前を過ぎ、国道を渡り反対側の歩道を走り、また弊社の前の国道を渡ってきて目の前を過ぎ、そのまま歩道を走り山の方へ去っていきました〜!
偶然にも、地元TV局がなにかの取材に来ていたようでその模様を撮影し夜のニュースで流れたのですけれどね(笑)。
あまりの早さと大きさに圧倒され、携帯で写真を撮る余裕すらもなく・・・(泣)
弊社敷地には、リスやタヌキにハクビシンにイタチやテンにトンビにヘビと、ちょっとしたミニ動物園並に野生動物に遭遇することがあるのですが、さすがにカモシカは初めてでしたねぇ〜。
次は、ツキノワグマが訪問してくるかもしれませんが(大笑)配達中には遭遇することもありますが・・・(汗)。
過疎化が進み、里山が荒廃しているのか、人間が怖くなくなったのかわかりませんが、簡単に駆除するだけでなくなんとか共存共栄できると良いのですけれどねぇ。

「生物多様性」って言葉聞いたことありますか?
生物多様性とは、生きものたちの豊かな個性とつながりのこと。地球上の生きものは40億年という長い歴史の中で、さまざまな環境に適応して進化し、3,000万種ともいわれる多様な生きものが生まれました。
これらの生命は一つひとつに個性があり、全て直接に、間接的に支えあって生きています。
私たち人間もその一部。

地球上の歴史上6度目の大量絶滅の危機といわれている現在、かつてないスピードで生物多様性が失われています。

この大量絶滅から、絶妙なバランスで成り立っている生態系を守り、また、未来への世代のために、現在の多様ないのちの豊かさを残していかれると良いなぁと。
「地球」という惑星に同じ「生き物」としてなにかしらのつながりを持ち合わせているんですよね。
カモシカの訪問をうけて、なんとなく「生物多様性」を改めて考えるようになりました。
弊社の使用量では足りないかもしれないけれど、ちょっとでも地球の豊かさを残していかれるように願い、瓶のリサイクルを積極的に行っています。
ほんのちょっとのことなのかもしれないけれど、一人ひとりがなにかしら心がけるだけでも未来はかわっていくのだと思います。
で、新商品がうまれたわけなんです!(笑)
20624237_1437703279646010_271768180_n.jpg
『Il Boschetto』イル ボスケットと読みます。
こんな動物たちが弊社のまわりの里山には生きています♪
少量生産です、十九取扱酒販店さま全てのお店に行き渡りません。
申し訳ございません(泣)。


comment









| /PAGES |