明日から本仕込みが続くのですが、昨日&今日は麹のお世話も蒸かしも洗米もない貴重な中休み。
年始に使うお酒のラベルを貼ったりしつつ、体を休めつつ明日からの本仕込みに備えているのですが、



23828537_1530680373681633_1759820747_o.jpg


じゃれ合うY君とA君です(笑)。


A君は弊社に入社する以前はまったく肉体労働とは縁がない会社に勤めていたので、肉体労働をするようになり体のあちらこちらが筋肉痛になるようでして...(汗)
もともと体もかたいようで、じょうずに自分の体を動かせないという特技!?を持っています!(笑)
さらに、血流も悪いので冬場は足がしもやけになったり、寒い寒いとブルブル体を震わせて体を縮こまらせているので前屈みになり背中や肩が凝りはじめ挙げ句腰が痛くなるという悪循環を繰り返しています。


ならば、足は第二の心臓とよばれる足裏を刺激してあげようと、Y君が施術をするようになりました!(笑)


足が「第2の心臓」とよばれるゆえんは、足が血液を送り出すポンプのような役割をしているからで、心臓から足まで運ばれた血液は、その後心臓のほうへ送り出さなければなりませんが、その働きをしているのが足の筋肉。なので足の筋肉をきたえたり、足をマッサージして血流をよくすることは、全身の血液循環をよくすることにつながるというわけです。


足の裏をマッサージしてあげるとA君はご覧のように悶絶!!

「痛くて歩けません!」と訴えるのですが、Y君がA君に対して強く足裏をマッサージしているのかと思い私も同じ強さでやってもらいましたが、悶絶するどころかとても気持ちよく足が軽くなったように思えるほど。


まぁ、大阪人特有!?のオーバーリアクションのA君ですが、しばらくこのじゃれ合いは続くようです。








 


comment









| /PAGES |