今日辺り、梅雨入りでしょうか??

梅雨といえば...『Le chat botté』。

ル シャ ボテ と読みます。フランス語で、長靴をはいた猫です。

DSC00093.png
一度は読んだことがありますよね?『長靴をはいた猫』の物語。
グリム童話のものもありますが、読んでおもしろいのは、フランスの詩人シャルル・ペローによる大人の童話。
作者ペローの教訓が末尾に書かれていましてね。

教訓
父から子へと受け継がれる
ゆたかな遺産をあてにすることも
大きな利益にちがいないが
一般に、若い人たちにとっては
知恵があったり世渡り上手であったりする方が
もらった財産よりずっと値打ちのあるものです。


もう一つの教訓

粉ひきの息子が、こんなに早く
お姫さまの心をつかんでしまって、
ほれぼれとした目で見られるようになったのは
服装や、顔立ちや、それに若さが
愛情を目覚めさせたからであって、
こういったものも、なかなか馬鹿にはならないものなのです。



ご主人様と猫の関係は、一見猫が家来のようにみえますが、No.1とNo.2の関係であって、この関係が逆転することはないものの、猫はNo.1にはならずにNo.2の地位にとどまることで、地位を保ちながらも、ご主人さまからは永遠に感謝しつづけさせることに成功するわけですよ。 No.2は知財に富んだ参謀であり、No.1にかわって汚れ役を演じるこれこそまさにNo.2の鑑という大人の物語なのではないでしょうか(笑)。

だから??まぁ〜そういうことですよ(笑)。


comment

はじめまして。こちらの商品必ず購入したいのですが、ブログで情報いただけましたら嬉しいです。よろしくお願い致します。

  • Y.N
  • 2018/06/14 7:27 PM

>>Y.Nさん
コメントありがとうございます。
なるべく情報をあげられるように努力致します。

  • 八代目蔵元嫁
  • 2018/06/19 5:57 PM

昨年も『Le chat botté』を飲ませていただきました。味はもちろん最高でしたが、猫のボトルもお気に入りで、我が家のインテリアとなっています。
同じ市内に住んでおります。できれば市内の酒屋さんで手に入るとありがたいのですが・・・。

  • K.N
  • 2018/06/23 9:24 PM









| /PAGES |