数週間ほどで、毎食食べていても数kg痩せてしまう怒濤の日々がやっと落ち着き、いつもの日常に戻りつつあります。




9/21(金)Am7:00のコンビニ開店から1週間が過ぎ、慣れない当店初のフライヤー(揚げ物)に振り回された1週間でしたが(笑)、バイトちゃんもパートさんたちも私たちもやっと慣れ、お客様も新型レイアウトにも慣れつつあり、いつもの信州新町!?に。



嫁いできていろんな局面に遭ってきましたが(汗)、今回ほど大騒ぎだった局面は初めてでしたねぇ〜。



設計図と現場図面とが違っていたり、あるべきはずの電源がそこになかったり、開店後までドタバタ続きましたねぇ。


閉店から開店までの工期が決まっていたので、いつもお願いしている高木建設さんには本当にご苦労かけてしまいましたが、とても良いお店に仕上げてもらえました。いつもどおり、高木建設さんに建築をお願いして本当に良かったです!



今回は開店というおめでたいことと、とてもお世話になった叔父さまの不幸が重なり、正直複雑な心境でした。


私にお酒造りを教えてくださった師匠は二人いて、亡き馬場先生とこの叔父さまでした。


お酒を醸すことができているのも、この二人の師匠がいなかったら、今の「十九」はありません。


告別式が、開店当日と重なり、事情を話して店長と社員たちに開店準備をお願いし、社長と二人で夕方上京し、ギリギリお通夜に間に合い、叔父さまと最期のお別れをすることができました。


社長は、そのまま残り告別式に参列し、私は開店のために最終で帰ってきました。



そして、開店。


開店3日間は、オープニングセールでしたので、酒造場の社員も総出で盛り上げてくれて、さらに、本部の方も応援で来てくださり無事にオープンできた次第です。


「待ってたよ〜」「やっぱりコンビニが新町になくちゃ困るよね」と嬉しいお言葉をお客様から頂き、嬉しかったですね(泣)。



お彼岸とも重なり、店長のHさんが「お義母さんの初彼岸だよね?お団子や天ぷら用意している時間ないだろうから」と、お団子と天ぷらを作ってきてくれて...(泣)



42754183_2198941200378453_7995304792299667456_n.jpg



Hさんも、まったく休みもなく長時間勤務なのに...ありがたかったです。


お陰さまで、社長と二人でお墓参りもできました。


大勢のお客様がいらっしゃるこの改装したコンビニエンスをみて、春に亡くなった義母や7年前に亡くなった義父、そして、叔父さまや馬場先生がみたらなんていうかなぁ〜と、「見守ってくださいね!」と手を合わせました。




42849293_156771798592196_7596144623597125632_n.jpg



いろんなところで助けてくれる人達がいっぱい私のまわりにはいてくれて、感謝感謝です!

私も、力になれる人間になれるよう日々精進せねば!




comment









| /PAGES |