『ギクッ!』と腰を傷めて3日間、保冷剤で冷やしに冷やし、お隣の整骨院に毎日通い長〜い針での治療とお灸治療のお陰で、コルセットをしなくてもサクサク歩き、一升瓶6本入ったP函も持てるようになりました。


気温差激しい季節ですので、皆様もくれぐれも気をつけてくださいませ。


で、昨日blogにもUP致しましたが、『十九 紅葉』ですが諸事情あって来季30BYでは製造いたしません...今季限りでございます。

本当に申し訳ございません。

そして、実は、製造しないものは『十九 紅葉』だけではなくて...(汗)


「諸事情?」「また、何かあったらしいぞ?」「どうした?」という言葉がネット上で行き交っているとかいないとか(笑)。

諸事情はいくつかのことが重なりましてねぇ(泣)


まず一つ目は、ゆうパックさんの再度の送料値上げ。

中小口契約からほぼほぼ一般個人契約に近い金額になってしまいましたねぇ。

気温40℃近い夏場、トラックのカーゴの中は40℃以上になっていますから、弊社では夏場の輸送をチルド輸送して酒販店さまの元へ届けています。

路線便で、ダンボール箱に保冷剤を入れて輸送されていらっしゃるお蔵さんも多いと思いますが、弊社の立地上集荷場所に丸1日置かれてしまうとのことで、この輸送方法は無理なんです(泣)。

協同配送というのも検討したのですが、やはりこちらも立地的に中継地を何カ所か絡むことになってしまい、中継料が加算でしまったりでダメ(大泣)



「生酒」から「火入れ」へ大きく舵を切らなければならないかもということになり、火入は瓶火入れですので、人の手と時間がかかりますから、製造をしつつとなると製造量を減らさなければならなくなったわけなんです。


現在、弊社では、社長と私と男性社員Y君、A君、女性社員Hさん、Yさんの6名。

社長は、半分コンビニ勤務も入っていますし、Yさんも週2日の短時間勤務ですので、実質4名でまわさなければなりません。

A君も、Hさんも、私やY君と違って小さなお子様を育てている世代ですので、奥さんや旦那さんに子育てを任せっぱなしにすることは今の時代には合っていませんので、そうなってくると、私とY君で、1日24時間をシェア早朝しなければなりません。

私もY君も、50才目前の中年ですので、昔のように睡眠不足が続いてもなんとかなる年齢でもなく、関節を痛めていたりで、無理ができなくなってきました。


なので、製造数量を減らして、全員が無理なくできるように30BYを考えたということなんです。



まぁ一番は私の体調不良が原因なんですけれどねぇ。

所謂、『更年期障害』っていうのです。


30BYへ向けて体調が戻るように通院しながら服薬して様子をみてきたものの、日々のこむら返り、腰痛、肘痛など、色々多岐に渡り症状が重くなってきてしまっていて、ドクターからもやはり仕事をセーブするように言われてしまいました。こればかりは、自然現象ですので仕方がありません

本当に申し訳ありません。
体調許す限りではありますが、それなりに頑張り過ぎず頑張りますので、ご理解いただけると幸いです。


comment









| /PAGES |