本日11日(月)で、東日本大震災の発生から8年になります。


もう8年、まだ8年、8年前から時が止まったまま...

感じ方は人それぞれですね。


弊社も社員と共に、14:26に黙祷をいたしました。東へ向かって...


ここ数日、メディアで報道されていましたが、汚染土、汚染水の番組をみました。

汚染水は海へ、汚染土を再利用するとのこと。

再利用することを条件に国が肩代わりしてインフラ整備するのだそうです。

ある地域では、「今よりは...」と汚染土の再利用という苦渋の決断をし受け入れたそうです。

「結局みんなひとごとなんだ」という被災者の言葉に心が痛かったです。


復興オリンピックというのであれば、東京で再利用できる汚染土を使用してアスファルトやオリンピック施設をつくり、全世界に「汚染土の上につくられた施設での競技は安全です!」とPRすれば良いのではないのかと思ってしまいます。


8年前、自分に何ができるのだろうと考えました。

8年前の出来事を忘れないことが自分にできることなんじゃないかと。

弊社で使用する原料米と仕込み水を、あの日以来8年間毎年毎年、放射能検査をしています。

何検体もありますから正直経費もかかりますが、検査を受けることで、なぜ放射能検査を受けなければならなくなったかを思い出し、現在どうなったんだ?と考えるきっかけになるからです。

こんなことぐらいしか自分にはできないけれど、被災者の方に「ひとごとなんだ」なんて思わせないように、国民一人一人がもっと真剣に、汚染土、汚染水が今どういう状況になっているのか、復興はどこまで進んでいるのか危機感を持たなければいけないんじゃないのかなぁ。


東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。








comment









| /PAGES |