今夜、緊急事態宣言が全都道府県に発令されました。

確かに、長野県でも特に弊社がある長野市ではレベルも2に引き上げられ、クラスターになるかならないかの瀬戸際状況。

企業として今できることとして、万が一休業になったら?と、生産物賠償責任保険を見直してみたんです。
現在加入しているものは、酒造組合中央会の団体保険で主にリコールになった場合の補償が手厚いのですが、万が一社員やお客様が立ち寄りコロナウイルス濃厚接触者となり休業を余儀なくされた場合の補償がないじゃん!!(汗)
そんなタイミングで、弊社の保険代理店さんから、「食中毒・特定感染症利益保証特約が付帯された生産物賠償責任保険があるのですが、待機期間2週間なので今日明日中に加入されれば、人が動くGW前にギリギリ間に合います!」と連絡を頂き、慌てて資料を揃え、加入することができました!(泣)

一方、フランチャイズ契約を結んでいるコンビニエンスの方はというと、本部のファイナンスに問い合わせてみるととくに対応した保険はないとのこと(汗)。むしろ、酒造場よりもコンビニエンスの方がリスクが高く、損害も大きいのでどうしようかと、代理店さんに相談すると、なかなかコンビニエンスの場合は雑貨品も扱っているので難しいかもと言われたのですが、食品と雑貨等の売上と原価が明確にわかる資料があれば法人なのでなんとかいけるかもしれないと連絡を頂き、またまた慌てて本部へ電話をし確認しながら1年分の資料を揃え、さきほど代理店さんから電話を頂き、こちらも酒造場に遅れること2日遅れで加入することができました!(泣)

待機期間も4月中の契約であれば2週間で保険金額もそれでもまだ高額まではいかないで済みますが、5月に入ると条件も変わるかもとのことでしたので、この時期に両会社とも痛い出費でしたが、備えあれば憂いなしと言いますので、タイミング的には加入できたので良かったです(泣)。

酒造場の方は、醪が5本あり、無事搾れるのか?
コンビニの方は、従業員の感染リスクのため時短にするか?

普段の仕事になかなか手がつけられず、何やってるんだ!?って感じのここ数日。
これもなにもかもすべて、コロナのばか〜!!です。


comment









| /PAGES |