「働き方改革」は、人手不足が深刻な工場や現場から変えていかなければならないのかもしれません。


私が嫁いできた時は、新潟から杜氏さん、蔵人さんが冬の間お酒造りに来て頂いておりました。
歴代の杜氏さん、蔵人さんが退職された時、必ず奥様方から、「親の死に目にも立ち会えませんでしたし、大雪が降っても雪かきをしなければなりませんでしたし、子育ても一人でやらなければなりませんでしたし、PTAも自治会の仕事も全部私がやらなければなりませんでしたので、正直とても辛かったです。これでやっと主人と二人365日過ごせるのでとても幸せです」と言われました。
その当時は、私も酒造りのしんどさはまったく理解できていませんでしたから、「大変でしたね」くらいしか言葉が出ませんでした。

酒造りという仕事をする以上、こういうことがごくごく当たり前の時代だったのかもしれませんが、今の時代はそういうわけにはいきません。

現在、弊社には3名の社員と私と社長の5人体制。
この5人だけで、お酒を醸し、瓶詰めをし、出荷作業も配達もしています。
5人のうち、3人がまだまだ子育て中。
とにかく、残業がないように定時であがれるよう、ちゃっちゃと仕事を終わらせるように仕事の段取りをしながら1日の作業を組んで仕事をしています。
独身1名と私と社長の3人で全てがまかなえる石数に減らし、子育て中の3名はそれぞれ必要な時に出社してもらうというのであれば良いのですが、そうなると子育て中の3名経済的に大変になってしまうし(汗)、今のままであれば、独身1名と私の時間的&体力的な負担は増えていくばかり...(泣)

なにをどうすれば良いものか....
なかなか難しい問題です。


昨年はコソッと発売だった『Pecora 19』(笑)。

今年ももちろん発売致します!!

昨年より、末永く美山錦を使用していく為の一環として減農薬・有機肥料による酒米作りにも挑戦し始めたのですが、
その第2弾となるお酒です♪

IMG_0913.jpg

第1弾は、『Danza! Danza! Danza!』と踊りまくっていたラベルでしたが、第2弾は、『楽器演奏』を覚えました〜!ってな感じです(笑)。

一足先に、「蒸し燗瓶火入れ Pecora19 2017」が演奏しに旅立っております(汗)...

・東京都 はせがわ酒店さま

・宮城県角田市 丸正酒店さま

・長野県上水内郡信濃町 みねむら酒店さま

『生酒Ver.』は明日から順次出荷となります!
出荷情報は随時こちらに記載していきますので、最寄りの酒販店さまでお買い求めくださいませ。

・東京都台東区 サンワ酒店さま*第一弾Ver.もありますので飲み比べ出来ますよ〜!!
・東京都渋谷区 新川屋田島酒店さま
・東京都練馬区 うえも商店さま

・神奈川県横浜市 一石屋酒店さま

・栃木県小山市 勇屋酒店さま
・栃木県宇都宮市 菊地酒店さま

・静岡県静岡市 コメヤス酒店さま

・大阪府吹田市 山本酒店さま
・大阪府寝屋川市 奥広屋さま

・兵庫県明石市 中友酒店さま

・大分県豊後高田市 田染の荘さま

・長野県上田市 地酒屋 宮島さま
・長野県松本市 深澤酒店さま(3/18納品予定)NEW


明日でようやく第4クールの仕込みが終わります!

すぐさま、第5クールの麹づくりが始まるわけで...(汗)。
第5クールは、地元向けのお酒を醸すクールです。
世の中すっかり『春』で、仕込みも氷を使って仕込まなければ、お米が冷えませんので、氷をストックしておかないと。

で、第4クールあたりから、右腕の腱?筋?がカチコチに凝り固まってしまい、物が持てなくなってしまったり(泣)、瞼にイボ!?ができ日に日に育ってきてしまい視界に影響が出始めたので、午後皮膚科へ行って凍結療法をしてきました。
1週間に1度通院しなければならないようです(汗)
夕方には、お隣の整骨院へ行って腰とお尻の治療を(泣)。
さらに、3日前に夜中に帰宅した時には、自宅の鍵を持っていたのですが、その日以来、鍵が見当たらず...(泣)。
自宅でなくしてしまったようで、毎日探してみてもいっこうに出てくる気配がありません。
当日の自分の行動を思い出してみるものの、そのときの記憶があまりなく...
15〜17時間勤務が続いていたので、疲労もピークに達していて思考も停止していたのかもしれません。

第5クールは、大きな仕込みが多いので、体と思考が持つようにセーブしながら仕込むことにします。



昨日の3月5日、誕生日を迎えました(汗)。48歳になりました。

うーん、48年も!?48年しか!?、まぁいずれにしても48年間生きてきているわけで。

で、親からすれば、48歳になったとはいえ、いつまでも子供は子供なんでしょうねぇ。
わざわざ、誕生日だからとケーキとお寿司を持って来てくれました(笑)美味しくいただきましたよ!

事務所でお夕飯をいただいたあと、テレビをながめながらくつろいでいた時、停電に(泣)。
数分後に復旧したものの、すぐにまた停電に。
蔵、コンビニ、自宅のすべての電源が喪失し、まぁそのうちすぐに復旧するだろうと思っていたのですが、30分経っても1時間経っても停電したまま....(汗)。
麹室で麹を作っていましたから、こりゃぁ〜ていへんだ!!ってことで、懐中電灯片手にY君とストーブを運び上げて室温を維持することに。

KIMG00490.jpg

手入れの時間には、これまた懐中電灯を照らしながら手入れをし、櫂入れ作業があったので、私が懐中電灯を照らし、Y君が櫂入れを。
仕込み蔵も麹室も、機械音を何一つ聞こえず、聞こえるのは酵母たちのささやき声。

結局、約5時間後の真夜中2時に復旧。
ひととおり、見回りをして、麹の手入れをしたあと帰宅し、2時間おきに麹室の様子を見に行き、アッという間に蒸かし準備の時間に。

疲労も毎日がピークで、右腕はいよいよ物が持てなくなってきました(汗)。
なんか、停電の暗闇の中で、酵母たちのささやき声をききながら、いろんなことを考えた誕生日になりました(笑)


「いつまで貼り続ければ終わるんだーい?」とカーリング娘風に何度言っていることか...

仕込みをしながら、麹を夜通し作りながら、日付が変わるまでラベルを貼っているものの、先が見えない毎日です(泣)
でも、とってもとってもありがたいことなんで、頑張れます!

右腕が悲鳴をあげはじめ、物をもってもよく落としてしまいます(泣)
なので、ここ数日の洗米は、社長とH君の54歳コンビにお願いしています。
ラベル貼りも慎重に行わないと、落として破損させてしまうので。

世の中もかなり暖かくなってしまい、明日から本仕込みの留仕込みが続き、氷をストックしなければ!!

「がんばれ!自分!!」と、叱咤激励しております(泣)





今朝は、いきなり鳴った雷に愛犬チョコがびっくりして飛び乗ってきました〜(汗)。

1日中風が強く吹き、ストーブの煙突からストーブに向かって風が入り込み、フタが何度か「ボンッ!」という大きな音と共に外れて不完全燃焼になりました(泣)。
北海道では、100台以上の車が立ち往生しているとか。
春一番ではなく、春の大嵐!?になってしまいましたねぇ(汗)


弊社も、朝から嵐のような忙しさ!?
酒母の移動に、昨日搾った醪タンク洗い、洗米、麹のお世話、酒母のお世話、分析、瓶詰め、洗った瓶の片付けetcてんこ盛り状態。
そのうえ、社員1名お休みでしたので、エライこっちゃ〜って感じでしたが、社員A君が早めに出社し、瓶詰め準備や醪の櫂入れなどしてくれていたので、助かりました〜。
で、とにかく午前中になるべく作業を終えて、720mlの瓶詰めだけは手をつけたかったので、みんなそれぞれ「あれやっとくね〜」「そだね〜」とコミュニケーションをとりながら作業をしたおかげで、瓶詰めも冷蔵庫へしまうのも、定時で終えることができました!!

本日瓶詰めしたのは、『純米大吟醸 十九』。
華やかな香りなので、瓶詰め場もとても良い香りにつつまれて瓶詰めでした。

夜には、信濃町のみねむら酒店さんがお越しになり、『十九 桜  Le cerisier rose m' apporte』の一番出荷となりました♪
今年の、『十九 桜  Le cerisier rose m' apporte』はDRYな仕上がりになっていますので、焼き鳥や濃い味わいのお料理にはピッタリかと思います!!ぜひ、お試しください!!
誰よりも先に味わいたいという方は、ぜひ、みねむら酒店さんまで足をお運びくださいませ。


夜になって、風が強くなって来ました。

「春一番」が吹くようです。


「○○らしさ...」、らしさってなにかなぁ〜と考えながら夜空を見上げてみましたが今日は星がでていません。
明日からは第4クールの本仕込みが始まります。
日本酒って深いです。


貧血だとはいえ、微生物たちは待っていてくれるわけでもないので、社長と昨日洗う予定だったお米の洗米を。

今までだと洗米場の気温は、だいたい2〜3℃。冷え込んだ日は、-3℃〜0℃とかなり寒い場所なのですが、今日は5℃と暖かく、社長が「暖かいなぁ〜。春だな」と。

人間には、暖かい気温は仕事をするにはとても楽なのですが、日本酒を醸すにはあまり暖かいと冷やすのに手こずってしまうので、3月終わりまではなんとか寒い日が続くことを願います!!


で、そんな春を思わせるような日が続いている信州より、一足先に弊社の『』が開花致しました〜♪


P31401501.jpg

『十九 桜  Le cerisier rose m' apporte

「Le cerisier rose m' apporte」どういう意味?というお問い合わせも頂きます。

「ル スリズィエ ローズ マ ァ ポルトゥ」と読みます。
 
フランス語で「桜の花が春の訪れを教えてくれる」という意味です。
 
うすにごりで、酵母たちがまだ瓶の中生きていますので、シュワシュワ微発泡しております。

暖かい場所に置いておくと酵母たちの活動はさらに激しくなりますので要注意です。

開栓時には、事前に冷やした上ゆっくりキャップを外さないと、吹き出すことがありますので気をつけてくださいね。

お花見にぜひ!!

3月に入ってから、十九取扱酒販店さまに出荷していきますので、よろしくお願い致します♪


昨日から、貧血がひどく、身動きがとれなくなっておりました(泣)。


貧血というと、『ヘモグロビン』を思い浮かべると思いますが、『フェリチン』といって各臓器で貯蓄しているものが枯渇していた模

様...
毎年だいたいこの時期になると、枯渇するらしく、鉄の注射と薬を服用し始めるわけでして....

本当はレバーを食べれば良いのですが、あの食感とあの味がど〜しても無理でしてねぇ。

そんなこんなで、お昼過ぎくらいからようやくまともに動けるようになって来ました。

今日は2000本近くの瓶詰めでしたが、A君、H姉弟さんが朝から始めてくれたので、夕方前には終わり、社員のみんなのおかげで今日

も1日終えることができました。

1日余裕があったので、無理せず麹の洗米は明日にまわしてもらいました。

鉄入りチーズや鉄入り飲むヨーグルトをY君から差し入れされ、食べております。

日本酒製造には、『鉄』は良くないものなのですが、人間には必要不可欠なもの。

せっせと、『貯金』ならぬ『貯鉄』生活をしなければ!!


『そだねー』が只今、ツボでございます!

今日も朝から夜まで(笑)、カーリング女子の北海道弁を蔵の中で使いまくりぃ〜♪
しまいには、Y君に「似てるってか、声色が似てるのかなぁ〜」とお褒めの言葉を頂くまでにぃ〜(大笑)

もうひとつツボ!?じゃなくて(汗)、最近酒蔵では「スパーク」があちこちで...(汗)。
まず最初のスパークは、「蒸気乾燥装置」。
次のスパークは、「高圧洗浄機」。
そして先ほど、「サーキュレーター」がスパークしましてねぇ(泣)。

「蒸気乾燥装置」は、現在オーバーホール込みで入院中....
「高圧洗浄機」は、あまりにも古すぎて(汗)メーカーでも部品がないということで、Y君が部品をネットで探し部品到着待ちですが、それで直らなければご臨終に...
「サーキュレーター」は、配線が切れていたらしく、Y君が緊急オペちゅう〜。
まぁ、どれもこれも年代物!?なので、仕方がないことですが...

で、肝心の「搾り」ですが、昨夜の段階で予定していた醪はもうちょっとという感じで、代わりにあと3日くらいかなぁと思っていた醪がググググ〜と良い感じになっていたので、急遽そちらから搾っていま〜す!
久しぶりに使用した「五百万石」、ラベルどうしよっかなぁ〜♪



<< | 2/145PAGES | >>