タイムリーに、梅雨入りと共に『Le chat botté』が発売となりました。

今年は、減石しているのでいつも以上に本数が少なく酒販店さまにもお客様にもご迷惑をおかけして本当に申し訳ございません。

少しずつでも増石していかれるように、中年軍団!?体力作りを始めました(笑)

 

『バドミントン』を休憩時間に始めてみました。
これが、なかなかラケットに当てられず、シャトルは飛ばず・・・
かなりいい運動になっています。

来週からは、第1回やきとり争奪戦トーナメントを開催する予定です(笑)。


気がつけばもう6月。1年も半分が過ぎようとしています。
昨日は、「月遅れ」の『端午の節句』。
友人のみっちゃんが、今年も菖蒲と蓬をたっくさん持って来てくれて、飾りました。
早速、菖蒲と蓬を束ねて、軒先や軒下に軒菖蒲を飾りました!
軒菖蒲は、魔除け、火除けの呪(まじな)いとして伝わっています。
軒菖蒲が飾られているお家が多いのでなかなか風情があって良いものです♪
菖蒲湯に浸かりながら、菖蒲酒を楽しみましたよ!!(笑)

 
DSC00097.png


ちなみに、端午の節句って5月5日じゃないの?と思われる方がほとんどと思いますが、のどかな田舎 信州新町では、一月遅れて端午の節句を迎えます。
旧暦とも違って、新暦の日付で単純に1ヶ月遅らせた「新暦の月遅れ」でお正月以外の行事は行われるのです。


で、本題に・・・

DSC00093.png

『Le chat botté』発売開始致しました〜。

ル シャ ボテ と読みます。フランス語で、『長靴をはいた猫』です。

なんで長靴をはいた猫か?梅雨に入るので長靴・・・だからです!(笑)というのはさておきまして、
一度は読んだことがありますよね?『長靴をはいた猫』の物語。
グリム童話のものもありますが、読んでおもしろいのは、フランスの詩人シャルル・ペローによる大人の童話。
作者ペローの教訓が末尾に書かれていましてね。

教訓
 
父から子へと受け継がれる
ゆたかな遺産をあてにすることも
大きな利益にちがいないが
一般に、若い人たちにとっては
知恵があったり世渡り上手であったりする方が
もらった財産よりずっと値打ちのあるものです。


もう一つの教訓

粉ひきの息子が、こんなに早く
お姫さまの心をつかんでしまって、
ほれぼれとした目で見られるようになったのは
服装や、顔立ちや、それに若さが
愛情を目覚めさせたからであって、
こういったものも、なかなか馬鹿にはならないものなのです。



ご主人様と猫の関係は、一見猫が家来のようにみえますが、No.1とNo.2の関係であって、この関係が逆転することはないものの、猫はNo.1にはならずにNo.2の地位にとどまることで、地位を保ちながらも、ご主人さまからは永遠に感謝しつづけさせることに成功するわけですよ。 No.2は知財に富んだ参謀であり、No.1にかわって汚れ役を演じるこれこそまさにNo.2の鑑という大人の物語なのではないでしょうかねぇ(笑)。

弊社や尾澤家の様子をよ〜く知っていらしゃる方であれば、だからなんで長靴をはいた猫なのか?がすぐ分かるとと思います(大笑)まぁ〜そういうことですよ(笑)。

本数限定商品なのですが、今年は減石もしていますので本数が少ないです(汗)。スミマセン(泣)。
十九取扱酒販店さまにご確認の上お買い求めくださいませ。


 

toppage2017.png


長野市の飲食店を中心に、飲み歩くイベントです。

今年は第4回という事でまたまたパワーアップしての開催で〜す!

参加飲食店は昨年同様10店ですが、蔵元は19蔵から22蔵に!!
酒販店さんも2店から3店に!!!
飲食店1軒につき蔵元2〜3蔵(各蔵2種類)の日本酒をご用意。
計22種類の長野の地酒を飲み歩きできるイベントです。

詳しい詳細はチケット販売店にお問い合わせください。

チケットは、お早めにGetしないと、限定600枚ですからねぇ〜!

参加飲食店・酒販店にて販売しております。
 
酒蔵さんでは販売しておりませんので、ご了承ください。


前売り券 1500円
当日券   2000円


☆お問い合わせ☆

新崎酒店
026-246-8479

みねむら酒店
026-255-2103


● 参加飲食店 ●

酒然 みちのか
長野市新田町1474 美松ビル1F
 TEL: 026-227-7775    


お料理 ひ魯ひ魯
長野市南長野北石堂町1175-9 リーベ石堂2F
 TEL: 026-217-1757   


静屋
長野市南千歳1-16-1銀河ビル4F
 TEL:026-217-7989


焼ジビエ 罠
長野市北石堂町 1185-10 カザマビル1F
 TEL:026-219-6966


たぬき
長野市北石堂町 1411
TEL:026-229-7485


バカラ
長野市北石堂町 1450-1
TEL:026-217-7404


景家
長野市北石堂町 1366-1
 TEL:026-266-8412


酒彩 まんち
長野市南千歳1-20-1長野アンジェラックスビル1F
TEL: 026-228-7080    


なから
長野市南石堂町1423-28
 TEL:026-219-6861


酒音 いいだ
長野市栗田1020-5 清水ビル 1F
 TEL: 026-228-7524    
 

● 参加酒販店 ●

襦/刑蠎鯏
 〒 382-0017長野県須坂市大字日滝4118-3  TEL: 026-246-8479

襦,澆佑爐
 〒 389-1313長野県上水内郡信濃町古間44-1  TEL: 026-255-2103

酒の高野
 〒380-0835長野県長野市新田町1533  TEL:026-232-2424


上記でチケット好評発売中★☆


明日で、黄金週間も終わりですね。

『ジンギスカン街道』のジンギスカン料理店さんも連日ごった返しております。
駐車場は常に満車、外は長蛇の列。
それにべ、弊社は閑古鳥が鳴いておりました(笑)。
「十九」をお買い求めにいらしても、弊社売店では販売していないので、最寄りの県内3店舗の十九取扱酒販店様をご紹介し、道をご案内しておりました。

中には、「え〜っつ!上田から来たのにぃ」とか「松本から来たんですが」とか「新潟から来たのですが」とか(汗)。

こういうとき、弊社ホームページを見ていただけると、弊社売店では十九は販売していないこと、十九取扱酒販店さまをご案内しているのでご確認いただけるのですが・・・。

先日のように、十九は買えないことを承知の上で弊社を訪れてくださるお客様もいらっしゃいますからねぇ。

明日は、お休みさせていただきますのでよろしくお願い致します。


GW後半に突入した今日、弊社売店に一番乗りして下さったお客様、なんと岡山県から!


岡山県内には十九取扱酒販店さまがないので、大阪の酒販店さんからご購入されていらしゃるそうです。

お客様 「十九の蔵に来たかったので!」(汗)。

 私  「何時間かかります?」

お客様 「10時間くらいかな?夜の22時に出てきました〜」

 私  「・・・」


立ち話でしたが、現在の蔵の事情やら、今後リリース予定の十九の話しなど。

ちょうど、心がやさぐれていた時でしたが(笑)、「買って飲んで応援しますから!」とエールをいただきました(笑)

いやぁ〜嬉しいですね!弊社売店では十九を販売していないこともご存知でいながら、10時間もかけて会いに来て下さるなんて。

しかも、しかもですよ!この貴重なGWという休暇を利用して弊社までお越しくださり、「がんばってください!」と(泣)。

造り手からすると、とても幸せなことです。

「長野でしか買えない十九もあるのですか?」と聞かれましたので、「真田町の酒販店さんに在庫があればですが『Sanada

barbican 19』がありますよ!」と伝えると、「じゃあ、行ってみます!」と弊社を後にされました。

こりゃ〜、やさぐれている場合じゃないですね!(笑)。

一升瓶のその先で待っていてくださるお客様のためにも、ガンバルゾ〜♪(笑)


お昼前くらいから、寒気がして、体がだるくなりました(汗)。


どうやら知恵熱のようです。

 
先々のことをいろんな角度から考えているのですが、少ない脳みそが「限界だぁ〜」とボイコットをしたようです(笑)。
考えすぎて、吐き気もでてきました・・・(泣)。


私のまわりにも女性経営者や女性蔵元もいるのですが、彼女達のような「強さ」が欲しいなぁ〜とつくづく思います。


考えが甘いんだなぁと。もっとビジネスとして割り切らないといけないのでしょう。


ビジネス・・・ビジネスねぇ。


葉桜になりましたが、明後日からはゴールデンウィーク突入の方々も多いのではないでしょうか?

GW中は、ゆっくり蔵の片付けやら掃除をしようと目論んでいたのですが、地元向け銘柄の日本酒がほぼ在庫切れになってしまい・・・(汗)
急遽、Y君が同時に3種類のお酒をめられるよう準備中・・・

地元向けとはいえ、「十九」銘柄を数種類ブレンドしているのがバレたのか(笑)、「買ってみたら美味しかったからまた買いに来ました!」なんて言ってくださる方も(嬉)。

弊社直売所では、「十九」は販売していないのですが、やはり地元の皆様には「手頃」で「扱い容易」でかつ「美味しい」ものをぜひ飲んでもらいたいですからねぇ(笑)。

「純米吟醸」も「純米」も「普通酒」までも在庫がカラッカラに(泣)。
なんとか、5月頭には店頭に並べたいと頑張っておりますので、お待ち下さいませ。


本日、めでたく!?「皆造(かいぞう)」を迎えました!!

皆造」とは 、それぞれの酒蔵で、その年度の醪(もろみ)を全て搾り終え、出来たお酒と 酒粕の数量を計測したときを皆造(かいぞう)といいます。かつては、この日に「皆造祝」と いって、蔵主側から蔵人たちにお祝いの席を設け労をねぎらったんですよ。

今季最後となった粕剥がしは、私とY君で行いましたが、最後の1枚を剥がし終えた時に二人で「終わりましたね。お疲れ様でした」と声を掛け合い、労をねぎらいました(笑)。
私と1歳違いのY君も頸椎症を患いながら、そして二人とも若い頃とは違って疲労が抜けず正直体はボロボロです(泣)。
いろいろと今後のことも含めて考えさせられる28酒造年度でしたね。
IMG_0485.jpg
まだまだ、蔵の掃除を全くしていませんから、とりあえず搾ったお酒の壜詰めと火入れを行ってから掃除にとりかかるとなるとGW中は掃除三昧になりそうです(汗)。
先日発売しました『Riccio』コツコツラベル貼りをしていますので、もうしばらくお待ち下さいませ。


週末になると目の前を走る国道も県外ナンバーの車を多く見かける季節になりました。
ドライブするにはちょうど良い気候になりましたねぇ〜。
昨年ですと、『Andiamo』『Trifoglio』が発売される頃なんですが、今年は醸していないので発売はありません(汗)
かわりにと言ってはなんですが(笑)、皆様の元に幸せが訪れるように・・・2年ぶりに醸しました♪

 
P4280203.png


『Riccio』。覚えてますか?
リッチョと読みます。イタリア語で、ハリネズミ。
なんでハリネズミか?私の髪の毛がハリネズミの如く白髪が増えたからです!(笑)というのはさておき、ハリネズミはヨーロッパでは背中に幸運をのせて運んでくる縁起の良い動物との言い伝えがあり、住み着いた家は幸運になるといわれています。
イタリアでは実に身近な存在で、森などでちょくちょく遭遇するほどよくいる動物で、森の脇の道路などをのそのそと蠢いている姿を時折見ることができるらしいですし、家の植木鉢の中に丸まっていたりとワンサカいるようですよ。
 
皆さんに幸福を運んでくる日本酒になれば良いなぁ〜♪


今日は案の定といいますか嬉しい悲鳴といいますか、国営放送長野版のとあるコーナーで、ちょこっと弊社のお酒を取り上げて下さったわけなんですが、電話でのお問い合わせや直接弊社売店までお越しになる方々が・・・(汗)。

16425887_1266018433481163_3184179993537674485_n.jpg


取り上げて頂いたお酒はこちらでしたが、既に蔵では完売な商品だったのと、元々弊社売店では「十九」銘柄は販売していないので、結果的にわざわざ足を運んで下さったお客様にご迷惑をおかけすることになってしまい大変心苦しく思っております。
 
「どこへ行けば買えるのか?」「遠すぎる」「なぜ蔵で売らないのか?」「本当にアスパラの料理と合うのですか?」etc
そりゃぁそうですよねぇ〜遠くから来たにもかかわらず買えないのですから、文句の100くらいは言いたくもなりますよねぇ(汗)


blogでも何度か書かせて頂いておりますのでこちらをお読み頂ければと思います。


ただね、「○○の蔵では売ってくれたぞ!」とか「長野の酒蔵ではほとんど買えるんだぞ!」とか・・・・
○○の蔵ではと言われても弊社は○○の蔵ではないですし、「長野」という言葉で括られても・・・・と思うんです。
経営の仕方や販売方法については、その蔵その蔵だと思いますし・・・(汗)
悩ましい問題です(泣)。


<< | 2/134PAGES | >>