昨日はポカポカと春を感じさせる陽気でしたが、今日は真冬に逆戻り。

深夜には雪が降るらしいです(泣)。

コソッと発売中のお酒です。
IMG_0331.jpg
『金紋錦』という酒米で醸した純米吟醸酒です。
長野県生まれの酒造好適米の中でも、“幻の米”として注目を集めているのが「金紋錦」。
金紋錦は「たかね錦」と「山田錦」を交配させたハイブリッド米で、長野県の北部にある「木島平(きじまだいら)村」でしか栽培されていない稀少品種です。
実はこの金紋錦、昭和31年に開発されてから県内各地の酒蔵で使われていましたが、栽培が難しかったり当時の技術では精米も難しかったりと、何かと扱いにくい米だったそうです。その後、「美山錦」や「ひとごこち」など栽培しやすく質のよい品種が新たに開発されると、次第に使われなくなり、長野県で生まれた酒米でありながら、ついには栽培するのは木島平村だけ、酒米として使用するのは石川県のたった一つの酒蔵だけとなってしまったのでした。
そして時は過ぎ、今から数年前。「地元の米で個性あるいい酒を造りたい」と、木島平村の隣にある飯山市の酒蔵が金紋錦に注目しました。県内でまったく使用されなくなってから、木島平村では、金紋錦の栽培技術の改良や品質向上に石川県の酒蔵が積極的に関わり、収穫した全量を一手に買い付けていました。ですから、その酒蔵の金紋錦に対する思い入れには並みならぬものがあったことでしょう。飯山の酒蔵は金紋錦を分けてもらうよう何度も何度もお願いし、やっと平成16年、再び金紋錦を使えるようになり、平成28年度産の金紋錦から飯山以外の県内酒蔵にも供給されるようになり、信州の“幻の酒米”が復活したのです!
弊社では、数年前にたまたま手に入った金紋錦で醸したことがありましたがそのときは本当に試験醸造くらいの僅かな量でしたので大々的にはアナウンスはできませんでした。
金紋錦の特徴!?っていうのが、正直まだつかめていないのですけれどね。
今後も「金紋錦」でも醸していく予定です!
よろしくお願い致します♪


蔵の窓を開けて網戸にしていたのですが、やたらと廊下が滑るな〜と思っていたら、花粉が舞い込んできていました。

周りの山々はほぼ杉林なのですが、私と社長以外の社員3名全員が花粉症なのでマスクをしながらの作業が続きます(汗)。
のっぴきならない事情が続く中、さらに落ち込む結果が・・・(泣)
「H28年度ものづくり補助金」を申請していたのですが、「不採択」通知が届きました。
県内同業者では4社採択されていましたね!「海外へ」とか「新商品の開発」が採択された企業のテーマの中に入っているものが多かった印象です。
認定支援機関である銀行さんからお話を頂き、正直あまり乗り気ではなかったのですが、採択されれば儲けものと思い申請したのがいけなかったのかもしれませんねぇ(汗)。
まぁこれも、あちらの世界にいらっしゃる師匠の馬場先生が、「なにを今さら補助金を当てにしているんですか!自分の力でなんとかしなさい!」という叱咤激励なんだと(笑)。
で、造り蔵では、本日搾りちゅうです。
1回で入りきるか入りきらないかのギリギリの醪量なのですが、ちょっとずつ入っているようなので大丈夫でしょう!
今日は、これから麹の切り返しです。
夜中の手入れもないし、明日の蒸かしもないので、寝られま〜す!


今日は、肌寒い1日でした。

『Gattolibero』ですが、弊社売店に足を運んで下さるお客様がいらっしゃるのですが、蔵元完売なんです。
最寄りの十九取扱酒販店様にお電話等ご確認の上酒販店さまにてお買い求め下さいませ。
で、本日は「Le cerisier rose m' apporte」 第一陣が出陣して行きました〜。
IMG_0416.jpg
◆栃木県宇都宮市  菊地酒店さま
     小山市  勇屋酒店さま
     小山市  松本酒店さま
◆神奈川県横浜市  一石屋酒店さま
◆静岡県静岡市   コメヤス酒店さま
◆京都府京都市   名酒館タキモトさま(3/13日着になります)
◆大阪府吹田市   山本酒店さま
   寝屋川市   奥広屋さま
◆大分県豊後高田市 田染荘さま(3/13日着になります)
来週火曜日に順次、第二陣、第三陣が出陣していきますのでよろしくお願い致します。
◆宮城県角田市   丸正酒店さま
◆東京都台東区   三和酒店さま
    練馬区   うえも酒店さま
    渋谷区   新川屋田島酒店さま
◆松本市波田    深澤酒店さま
 上水内郡信濃町  みねむら酒店さま
◆東京都      はせがわ酒店さま
「Le cerisier rose m' apporte」も、蔵元完売ですので、弊社売店までいらして頂いてもお買い求めいただけません。
よろしくお願い致します。
 


今日は、酒母2本の仕込みだけでしたので、かなりゆっくりめのスタートでした。
お昼前には仕込めましたが、このくらいゆとりがある仕込みだと本当に心も体も良いものですね。
で、午後は「新酒持ち寄り研究会」があったので、分析をしてから食品工業試験場へ、ギリ間に合いました〜。
関東信越国税局のA先生をはじめ、試験場の先生方5名による官能です。
搾りたての新酒ばかり持って行きましたので、「渋い」と指摘されましたねぇ。
まぁ、今トップピークじゃこれから先ダレダレ熟熟になってしまいますからね。
『桜』の開花宣言が待ち遠しい今日この頃ですが、
一足先に弊社の『桜』の開花です!!


P31401501.jpg

十九 桜  Le cerisier rose m' apporte

「Le cerisier rose m' apporte」どういう意味?というお問い合わせも頂きます。
フランス語で「桜の花が春の訪れを教えてくれる」という意味です。
読み方は、「る すりじえ ろ〜ず まぁ ぽるとぅ」
 
微発泡しておりますので、開栓時気をつけてくださいませ。

よろしくお願い致します♪
 


のっぴきならない事情による会社が機能していない状況にはかわりはないのですが、それでも毎日毎日できることやれることをして過ごしております。

 

先日、upした『Gattolibero』ですが、明日の出荷でいちお一部の酒販店さまを除き届くことになります。
いつもは、『19』がどこかにデザインされていますが、今回は『6』のみ。
なんで?とお問い合わせがありましたが、協会6号酵母で醸したからです!(笑)
「新政」を醸す新政酒造の蔵に付いた酵母を抽出し、日本醸造協会に寄贈し、これが「きょうかい6號(新政酵母)」と呼ばれるようになりました。この酵母は「K6号酵母」と呼ばれ、現在利用されている中で最古の酵母となっています。
8代目当主である佐藤祐輔さんも、日本酒業界で知らない人はいないほど有名な方です。
そんな、最古の酵母「K6号酵母(新政酵母)」に敬意を払って、『6』にしました。
あと、『Gattolibero』なんて読むの?というお問い合わせですが、『ガットリベロ』と読みます。
イタリアでは『野良猫』のことを『自由猫』と呼ぶそうです。
猫はいたいからそこにいるのだ、という自由意志を尊重しているのだそうです。
『十九』も自由で在り続けたい・・・そんな想いから『Gattolibero』にしました。
背筋がピン!として座っている猫もいれば、ちょっと斜めに座っている猫もいたりします!
リボンの色も6種類ありますので、お好みの猫ちゃんをお持ち帰り下さいませ。
IMG_0393.jpg
お買い求めは下記酒販店さまへ。弊社売店では販売しておりません。
◆宮城県角田市     丸正酒店さま
◆栃木県宇都宮市    菊地酒店さま
 栃木県小山市     勇屋酒店さま
 栃木県小山市     松本酒店さま
◆長野県上水内郡信濃町 みねむら酒店さま
 松本市波田町     深澤酒店さま (3/5日曜日入荷予定です)
 上田市真田町     宮島酒店さま
◆東京途台東区     三和酒店さま
 東京都渋谷区     新川屋田島酒店さま
 東京都練馬区     うえも商店さま
◆神奈川県横浜市    一石屋酒店さま
◆静岡県静岡市     コメヤス酒店さま
◆大阪府吹田市     山本酒店さま
 大阪府寝屋川市    奥広屋さま
◆京都府京都市     名酒館タキモトさま
◆兵庫県明石市     中友酒店さま
◆大分県豊後高田市   田染荘さま


本日2月22日は、ニャンニャンニャンで「猫の日」なんだそうです。

蔵では、仕込やら搾りやらビン詰めやらで猫の手も借りたいほど忙しかったのですが・・・(汗)
で、新たに【19 素敵ラベルシリーズ】に加わりました!
IMG_0393.jpg
『Gattolibero』 自由猫という意味です。
あれ?『19』になってない!?
いいんです『6』で!(笑)


寒暖の差が激しく、体がついていかない今日この頃です(泣)。
 

コソッと発売中でしたが(汗)、お問い合わせを頂くことが多いのでご案内します(笑)。

いろいろあるのですが、これからも末永く美山錦を使用していく為の一環として減農薬・有機肥料による酒米作りにも挑戦していく、その第一弾となるお酒です。

 
16425887_1266018433481163_3184179993537674485_n.jpg

 



『Pecora 19』 

長野県産減農薬・有機肥料美山錦100%使用の純米吟醸酒です。

ちなみに『Pecora』は羊です。
いろいろ蘊蓄はありますがハショリます(笑)

以下の酒販店さまでお買い求め頂けます。

★宮城県角田市 丸正酒店さま

★栃木県宇都宮市 菊地酒店さま

★長野県上水内郡信濃町 みねむら酒店さま
    上田市真田町  宮島酒店さま
    松本市波田町  深澤酒店さま

★東京都台東区 三和酒店さま
    練馬区 うえも商店さま

★神奈川県横浜市 一石屋酒店さま

★静岡県静岡市 コメヤス酒店さま

★大阪府吹田市 山本酒店さま
   寝屋川市 奥広屋さま

★兵庫県明石市 中友酒店さま

★大分県豊後高田市 田染荘さま

 

 


昨今、日本酒ブーム!?という言葉をよく聞くようになりましたが、弊社では「日本酒ってブームなの!?」と言うくらいその恩恵は受けてはおりません(汗)。

で、インバウンド(外国人旅行者を自国へ誘致すること)も手伝ってか、酒蔵見学だけでなく大手旅行会社さんによる「酒造り体験ツアー」も盛んなんだとか。
弊社にも、大手旅行会社さんから「酒蔵見学はやっていますか?」とお問い合わせを頂くこともたま〜にあるのですが、弊社では酒蔵見学も酒造り体験も行っておりません。
一般の方からも、「5〜6人で行くので酒蔵見学と酒造り体験させて欲しいんだけど」とお電話頂くこともあります。
日本酒もいくらアルコールが入っているからとはいえ、口に入れるものですから「食品」になります。
「食品」ということは、食品衛生法という法律がありまして、食品製造者は6ヶ月以内ごとに1回保菌検査つまり検便を行うよう決められています。弊社でも年2回全社員検便検査をしています。
たった半日、1日でも日本酒製造に関わる方はこの検便検査を受け保菌していないことが絶対条件になるわけです。
このことを、丁寧に申し上げても、「え〜!だって○○酒造ではやらせてもらえたよ!」とか「○○蔵には、毎年手伝いに行っているんだけど」と逆に怒られてしまうことの方が多いのですが、管轄の保健所からも「例外はありません!」とキツ〜ク言われておりますので、無理なものは無理なんです(泣)。
「酒蔵見学」は、大手食品工場のように全面ガラス貼りという蔵ではないので、タンクをのぞき込んでそのまま落ちたり、ホースにつまづいて転んだりすることもあると思うので、万が一のことを考え酒蔵見学も行っておりません。
そもそも、少ない人数でお酒を醸しているということもあって、対応できないということもありますが(汗)
酒蔵体験&酒蔵見学をしてみたい!という方は、弊社近くの酒蔵さんは受け付けていらっしゃいますので、そちらへご相談されてくださいませ。


皆さん、お気づきでしょうか?
なんと、2017年になりblog記事を毎日upしてるじゃありませんか〜!
まっ、そのうち・・・きっと・・・書かなくなる・・・イヤ・・・書けなくなってくる・・・でしょうけれど・・・(汗)


第3クールの仕込みのピークも過ぎ、体もかなり楽になってきて、血圧も高い傾向にあるものの頭痛や吐き気に襲われるほどではなくなりました。
とはいえ、麹づくりは続いておりますので睡眠不足は続いております(泣)


なんでも今夜から日本列島が寒気渦なるものに覆われるとのこと。
外はチラホラ雪がちらついておりますが、積もらないことを願っております。
第3クールは、純米大吟醸を始め、高級酒!?を仕込んでいるので、造り蔵の中はバナナ香やメロン香が漂っております。


『本醸造 十九 -紀-』新酒発売中です!
数年寝かせた米アルコールを極々少量添加しました。

 
P5190010.jpg


今日は天皇誕生日で祝日でしたね!

祝日といえどもしっかり仕事しておりまする。


日曜日から第3クールが始まりますので、急遽昨夜『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』をレイトショーで観てきました!
今回の作品で最も印象に残るキャラといえばチアルートですね!
ジェダイの師がいなかったためフォースの覚醒方法を知らなかったわけですが、彼がジェダイから適切な指導をうけてフォースを覚醒していれば、きっと『最強のジェダイ』の1人に名を連ねたでしょう!


そして、『最強の十九』とまではまだまだいきませんが、定番なのに夏くらいから欠品しておりました。
28BY新酒第2弾は、『特別純米 十九』通称『赤 十九』です。


 
  

(↑ 一石屋酒店さんの画像を拝借させて頂きました(笑))


まだまだ続きますよ〜


28BY第3弾は、『純米吟醸 十九』。

 


こちらは本数が少ないのでお早めに。


<< | 2/30PAGES | >>