毎日毎日暑い日が続いております・・・(泣)。

自宅は西日がもろに入り込むので部屋の温度は38〜39℃は当たり前で、しかも、暑さがそのままこもるので毎日寝苦しい日々を過ごしております。
 
今日は、なんと珍客が!

H君が、「カモシカだ!」というので事務所から慌ててでるとそこにはカモシカが!!
タヌキやイタチやハクビシンは入ってきていましたが、カモシカは初めてでした〜。
あまりの早さと大きさにビビリ、写真を撮るヒマもなく目の前の歩道を走り山の方へ帰っていきました〜!
それにしても大きかったなぁ〜

過疎化が進み、人が減ってきている信州新町ですが、動物たちにそのうち占領される日も近いかもしれませんねぇ(笑)。

次にやってくるのは・・・・ツキノワグマ!?かもしれません!!
新商品はカモシカにしようかなぁ〜(大笑)


福岡県、大分県を中心とする九州北部の豪雨被害にあわれた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

週末も激しい雨が降るようですので、気をつけてくださいませ。

私は経験したことはありませんが、ここ信州新町も2度河川の氾濫で床上浸水していますし、弊社の裏山は幾度も崩れているそうです。義父母からその恐さと片付けの大変さを聞かされております。

自然災害とはいえ、地球規模的におかしくなってきているような気がします。
今日は、北海道は帯広で39℃?だったとか(汗)。
信州も、「涼しい」イメージをお持ちだと思いますが、かなり暑いですし、弊社のある信州新町は盆地なので風が抜けなくてジメジメと湿度が高く、長野県内でもベスト10にほぼ毎日入る気温が高いのですよ・・・(泣)
幼い頃は、冷房なんかいらないほど過ごしやすかったような記憶がありますけれどねぇ。
で、蔵では目下酒粕をタンクから掘り出しては詰めての作業をしております。
今年の粕も、冬場にしっかりH君がタンクに踏み込んでくれたのでうっすらピンク色の美味しい酒粕になりましたよ〜!
キュウリもみにしてもよし、白瓜を漬けてもよし、お魚やお肉を漬けて焼けばと〜っても美味しいですよ♪
ぜひ!「十九」の酒粕をお試しくださいませ。
あとは・・・梅雨明けのタイミングを見計らって発売するいつもの「アレ」を準備中・・・(笑)
今年は、ぜひ大きな氷を1個グラスに入れて飲んでいただきたいなぁ〜!って感じに仕上げてみましたぁ〜
もうちょっとお待ちくださいね♪


歌舞伎役者市川海老蔵さんの奥さま麻央さんが闘病の末お亡くなりになりましたね。

受け止め方は人それぞれだと思いますが、海老蔵さんが会見で見せた涙は・・・心を打つ涙でした。

 
私も、若い頃に実父を「癌」で亡くしました。

その当時は、まだ「癌」というものも研究され始めたばかり。
今のように本人告知が当たり前ではなく、本人に告知するかどうかは家族に委ねられていました。
父の場合は10万人に一人と言われる大変珍しい場所にできる癌でした。抗がん剤も、それぞれの部位にできた癌に効果があるものではなく1種類しかなく、効果があるかどうかすらわからない、また、非常に珍しい癌で臨床データもなく手術すら確率されていなくて、手の施しようがありませんでした。

本屋という本屋をハシゴして、本を買いあさって読みまくったことが思い出されます。

西洋医学で限界ならば、東洋医学や免疫力を上げる療法も取り入れたり、父の職場の方にお願いをして仕事好きな父のために架空の仕事を持ってきてもらったり、父のために家族は必死に必死に・・・

入退院を繰り返しているうちに、あるとき父が天上を見上げながら、「この天上の先には空が広がっていて、その空の先には宇宙が広がっていて、その宇宙の先にはなにがあるんだろうな」と。
本人への告知はしなかったものの、自分のからだのことは自分が一番わかるはずで、なんとなく鼓動が止む時が迫ってきていることを悟っていたんじゃないのかなぁと思います。

次第に痛みが出始め、モルヒネで痛みをコントロールしなければならず、そうするともう話すこともままならなくなる・・・
でも目の前で痛みに耐える父をこれ以上見ていられないと、話せなくてもいいから痛みをとってあげて欲しいとモルヒネの量を徐々に徐々に増やしていくことに。

なんとなく、あの当時のことを思い出してしまいましたねぇ。


麻央さんは、ご家族だけではなく、どんな状況におかれても人として人をおもいやるということを全身全霊をこめて伝えたかったのではないのかなぁと。

私も父から「人として人をおもいやる心」を教えてもらいました。

父を亡くしてから、なんとなくいつもすぐそばで見ていてくれているような温かい感じがするようになりました。
お酒造りを教えて下さった馬場先生を亡くした時も、やはり同じ感覚で...

肉体はなくなっても、すぐそばでいつも見守っていてくれると信じていますので、恥ずかしくないように生きていくことを改めて思いました。


謹んで哀悼の意を表します。


28BY中、激痛ってほどの痛みではなかったのですが、ずっと左足の甲の部分に違和感というか我慢できる痛みがあったのですが、
「まぁ、歩けてるし激痛じゃないし」とそのままにしていたんです。
で、数日前に始めたバドミントンを一度行ってから歩く度に痛みが出始めて、それでもまだ我慢できる程度の痛みだったのですが、押すと結構強い痛みがあって・・・(汗)
筋でも違えたのだろうと思って、湿布もらって貼れば治るだろうと整形外科を受診してきました。
Dr.「最近、激しいスポーツしましたか?」と聞かれ、「ハイ!バドミントンを」と答えると、
「疲労骨折していたところにバドミントンで強い力が加わったようですね」と。
幼い頃から幾度と骨折を体験してきていた身でしたから、あの痛さがなかったのでまさか骨折していたとは思ってもなく・・・
麹室での作業が、同じ部位に負荷が繰り返しかかっていたらしく・・・(泣)
治りかけのところに、バドミントンで追い打ちをかけてしまったようですね。
幸い、ギプス固定ではなくテーピング固定で済みましたので良かったのですが・・・(汗)
2〜3週間ほど、トーナメントは休場となってしまいました(泣)


タイムリーに、梅雨入りと共に『Le chat botté』が発売となりました。

今年は、減石しているのでいつも以上に本数が少なく酒販店さまにもお客様にもご迷惑をおかけして本当に申し訳ございません。

少しずつでも増石していかれるように、中年軍団!?体力作りを始めました(笑)

 

『バドミントン』を休憩時間に始めてみました。
これが、なかなかラケットに当てられず、シャトルは飛ばず・・・
かなりいい運動になっています。

来週からは、第1回やきとり争奪戦トーナメントを開催する予定です(笑)。


お昼前くらいから、寒気がして、体がだるくなりました(汗)。


どうやら知恵熱のようです。

 
先々のことをいろんな角度から考えているのですが、少ない脳みそが「限界だぁ〜」とボイコットをしたようです(笑)。
考えすぎて、吐き気もでてきました・・・(泣)。


私のまわりにも女性経営者や女性蔵元もいるのですが、彼女達のような「強さ」が欲しいなぁ〜とつくづく思います。


考えが甘いんだなぁと。もっとビジネスとして割り切らないといけないのでしょう。


ビジネス・・・ビジネスねぇ。


災難ばかりが続く尾澤酒造場です(泣)

のっぴきならない状況下、H君が右小指の先をスライス(汗)
なんでも、キャベツをスライサーでスライスでいていて切ってしまったらしく・・・・
戦力外通告です。
まぁ、こういう時はジタバタしても仕方がないですし、今やれることを黙々とやるだけです。
H君のお義姉さんHさんにラベル貼り&出荷作業をお願いして、朝の櫂入れ作業等を終えて、P函を洗い、午後からは瓶洗い。
IMG_0406.jpgIMG_0407.jpg
私とY君とHさんの3人しかいませんから、どんなことになっているかはご想像にお任せいたします。


外は雪が降り続いております。

久しぶりに明日は雪かきからスタートかもしれません(泣)。
H君も今日から出社してきてくれて、これでようやく搾りに仕込みに乗り切れるぞ〜と思っていたら、A君がどうやらギックリ腰になり戦線離脱・・・(大泣)
H君、Y君と私の3人で、洗瓶とP函洗いを同時に行いながら合間に明日の準備や濾過作業をしつつ、壜洗いを終えて洗ったP函を片付け終わったのが19:00。ちょっと一休みして、麹の切り返しをして、今日仕込んだ醪の荒櫂をして、仕込みに使うタンクを洗って、 今22:30。Y君は濾過の片付けをしています。
本当に、Y君には申し訳ない気持ちで毎年毎年いっぱいになります。
自身も頸椎症で、手が痺れまくっているはずなのに、残って手伝ってくれて・・・。
明日以降来週末までは、粕剥がしに搾りに瓶詰めに仕込みに麹の手入れ作業にほぼ日本酒工程フルメニューな感じなんですが、A君はほとんど無理ですし、来週末はH君がお休みで、少々いえかなり不安ですが残ったメンバーで乗り切るしかないのですが・・・(汗)。
仕方ないですね・・・
ガ・ン・バ・リ・マ・ス・・・・


blogをupするのを決してサボっていたわけではないのですが、気がつけば一週間upしていませんでしたねぇ(汗)。

麹造りが入ると、なかなか時間がとれず、その上この一週間は凹むことが多くて・・・(泣)
会社のパソコンがブルー画面になりその後何をやっても起動しなくなり、結局セーフモードで必要なデータを救出できたのですが、再インストールしてその後プログラムをインストールし直し、設定をやり直したりで、丸1日は徹夜でした。
徹夜明けから、足が浮腫フラフラ目眩がして、半日社員達に任せて4時間寝かせてもらったのですが、その後はまた麹造りが入っていたので、今朝まで1日3時間ほどの仮眠で過ごさなければなりませんでした。
足が浮腫んでかなり痛くなったので、今夜は友人のみっちゃんのところへ行き揉みほぐしてもらったお陰でかなり楽になりましたが、しばらく時間をみつけて通った方が良いとのこと。
あとは、自宅でもお風呂に入ったときにここを重点に揉むといいよと教えてもらったので、今日から実践です!
蔵の方はといいますと、昨日から搾りが連続しております。
なので、瓶詰めやら粕剥がしやらで忙しいです!!(笑)しかも今週は頼みの綱のH君が3日間お休みなのでかなり不安ですが・・・
Y君、A君に頑張ってもらいましょう!


今日は、『立春』。

立春を迎えた頃から気温の底はピークを過ぎ、徐々に春めいた気温や天気に変わっていくと言われていますが、信州も青空が広がり暖かい1日でした。
蒸かしがなかったため、社員が出社為てくる前に櫂入れ&検温&濾液採取を行い、麹室の室温を上げて、出社してくる社員たちを朝ご飯をたべながら待ち、出社してきてから麹の盛り作業からスタートでした。
一人で仕込み蔵で、醪に櫂入れをしていると、醪のささやき声を独占できたり、時折見せてくれるきれいな大きな泡がみられたり、静かな蔵の中で行うこの作業は得した気分になります(笑)。
お昼を食べて、さて麹の様子でも見に行こうと思ったら、咳と鼻水が出始め、さらに顔と手が熱く、関節痛まで(汗)
熱を測ってみると38℃あって、ビックリ!!
近所のかかりつけ薬局へ行き、栄養ドリンクと風邪薬を購入してすぐさま飲みました。
薬が効いて熱は微熱に、関節痛も和らぎましたが、風邪なのか流行のインフルエンザなのかはわかりませんが、今夜は横になりつつ麹の子守りをします。
日中の気温と朝晩の気温の差が、中年の体には厳しいのかもしれませんねぇ〜。
皆さんも、油断せず気をつけてくださいませ。


<< | 2/64PAGES | >>