今日も蒸かしがなく、昨日引き込んだ麹の盛り作業だけでしたので、朝もゆっくりスタートでした。
社員が出社してきてから、A君&H君は櫂入れ&検温&濾液採取、私とY君で麹の盛り作業。
その後、洗米をして、H君はタンク洗いをして午前中終了!
お世話になった親戚のおじさんが入院しているので、午後半休をもらって実母と一緒に御見舞いへ。
その間の麹の子守りはY君にお任せでした。

今日はこれから仕舞仕事をして夜中に麹の品温チェックをして、明日は早朝蒸かしのため、しっかり寝ようと思います♪
ここ数日くらいの仕事のペースだと本当に体が楽ですね!


昨日の麹はとてもすんなり育ってくれましたので、日付が変わる前に帰宅できました!

今朝も、少ない蒸かしでしたので、一人で蒸かし&櫂入れ&検温&濾液採取。
今日から、H君、A君が出社してきてくれましたので、とっても楽をさせてもらえます(笑)。
出荷もありましたが、H君の義姉のHさんがラベル貼りに来てくれたので、午後は休みをもらって、義母に会いに施設へ行って、その後友人がやっている美容室へ寄ってヘアカットをしてきました。
伸び放題に伸びて、目に前髪が刺さって痛かったので、短くカットしてもらいました。
気分もスッキリです♪
Y君、A君、H君、Hさん、いつもいつも支えてくれてありがとうございます!!
あっ、実母もね!(笑)


未明に、3度こむら返りに見舞われ、右のふくらはぎに違和感を持ちつつ、今日も櫂入れ&検温&濾液採取からスタートでした。

今日も、H君、A君はお休みなので、Y君と社長と3人でゆっくりめで仕事。

 
IMG_0351.jpg
高泡状態です。泡消し器をまわしていないとタンクからあふれ出てしまいます(汗)
IMG_0353.jpg
こちらは泡が落ちた状態。
泡有り酵母が好きなので使用していますが、香りはもちろんのこと泡の色も微妙に違うので楽しいです♪
午後からは、H君がP函を洗いに来てくれて、H君の義姉のHさんもラベル貼りに来てもらい、助かりました!
今日からは、麹の子守が続くので、なんとかこむら返りにならないよう対策をせねば。

 


今日は、第4クールで使用する酒母麹15kgの蒸かしなので、7:30〜遅めのスタートです。

 

IMG_0348.jpg


H君、A君が明日までお休みなので、蒸かしながら、5本の醪の櫂入れ&検温&ろ液採取を一人で行いました!

それぞれの醪に「おはよう!調子はどう?」と声をかけながら(笑)。

蔵での仕事が終わったら、自宅へ戻り洗濯物を干し、事務所へ戻って朝食を。

9:00に蒸かし上がり、社長とY君が出社してきて、麹室へ運び入れてもらいました。

 
IMG_0349.jpg


少ない量の引き込みなのですが、水分を調整しながら、麹菌を振って、品温調整している頃にY君がやってきてくれました。

 
IMG_0350.jpg


目標の温度になったので、今日はBOXの中で寝てもらいます(笑)

洗米もなく、Y君はサッサと分析をして、搾り機の洗いを始めています!


第4クールが始まるまでの数日間、仕事はゆる〜くしつつ、体を休めていました。

今日から第4クール、洗米からスタートです。

といっても、酒母麹米からなので一人で洗米できちゃう量でした。

しばらくはこんな感じなので、A君とH君には数日間お休みしてもらいます。

 

まぁよく寝ましたねぇ〜。最長11時間。平均2〜4時間睡眠がずっと続いていましたから、その分取り戻した感じです。

愛犬がお腹空いたよ〜と起こしに来ていたらしく、それすら気がつかず寝ていたらしいです。

明日からまた頑張るぞー💪


今日で、第3クールの麹づくりが終わりました!
 

第1〜3クールの麹造りは、仲・仕舞仕事・積み替え・換気と夜〜朝までの仕事を一人で行っていて、さらに早朝からの仕込の準備とお米を蒸かす作業もしているので、合間合間の時間に仮眠をとろうとしていても結局長くて4時間くらいしか眠れず、正直本当にしんどいのです(泣)。しかもピークになってくると、血圧上昇、貧血が酷くなり、夜中に麹室へ行く道中、もし倒れたらと思ってしっかり携帯電話だけは握りしめて行っておりました。
日頃から、悔いを残さず今できることを精一杯やって生きているつもりなので、お酒造り中にあの世に行くのであれば本望です(笑)
師匠の馬場先生がご健在なら、今の私の様子をみるなり、「ハイ!ヤメー!!何をそんなに急いでるのですか?夏まで造ればええねん!ハイさようなら」なんて言うはずなんですが、もうそんな強制的に止めさせるほどの方は私のまわりにはいませんからね。

これでほんの数日だけ空いて、また第4クールの麹づくりが始まるわけで、いつまでこんな状態を続けられるのかかなり不安はあります。やはり早く後継者を育てていかなければなりませんねぇ〜(汗)

今日こそは、しっかり寝られるはずですが、何があるかわからないのが尾澤酒造場ですのでねぇ(汗)
blogなんか書いてないでとっとと寝れば!と聞こえてきそうですが、まだ事務仕事が終わっていないので。
ちょっとだけ残業して、21:00には帰宅しようと思います。


今朝はまた一段と寒かったです。

夜中に麹を冷蔵庫にしまうため、部屋着でで蔵へ行き冷蔵庫まで運んだのですが凍え死ぬかと思いました(汗)
気温は-10.6℃でしたよ・・・・
自宅の洗面所の水道が凍って水が出なくなりました(泣)
築52年になる自宅は壁の間になぜかまったく断熱材というものが入ってなく、設計図面には入っているようになっているのですけれどねぇ。その当時、かなりぼったくられたということですね〜。
 
今日の夜は第3クール最後の麹の子守になります。最後とはいえ、すぐに第4クールが始まるのですが・・・(泣)

今朝よりもかなり冷え込むとのことですので防寒をしっかりして蔵へ行こうと思います。
 
FullSizeRender.jpg

『ライスタf4』という、酒米の水分を計る器具です。
もうかれこれ数年前に購入したものです。
精米したばかりの酒米はかなり水分がなくなっている状態で少ないもので8%しか水分を持っていません。
弊社に届いてから数週間たつと、調湿されだいたい10〜11%になります。
お米を洗って浸漬させ水を含ませるわけですが、もともと持っている水分量を把握していないと実は余計に吸っていたり吸っていなかったりするので、この器具が必要になるわけです。
これは、会社で買ったものではなく私個人の私物ですので、社員たちには「私のだから丁寧に扱って!」と言ってあります(笑)

 
IMG_0342.jpg

Y君が、第4クールで使用する酵母を培養するための準備を始めています。
これは、培地といいまして酵母を培養するための液体です。奥に見えるハンドルがついたオートクレーブという装置にいれて殺菌してから使用します。


こんな感じで、第3クールが明後日で終わると同時に第4クールの準備も始まり、気分は晴れやかというわけにはいかず、目の前のことをコツコツこなしていこうと思います・・・


昨夜、『大雪警報』が発令されビクビクしながら朝を迎えたのですが、雪が降っていなくてほっとしました〜。

雪が降ると弊社の場合出荷作業もエライことになります。

 
IMG_0334.jpg


貯蔵している冷蔵庫から出荷するためのお酒を運んでいる様子です。
Y君がハンドリフトでひっぱり、A君が押しているのですが、下は滑るし雪が邪魔してハンドリフトがなかなか思うように進めることはできないし、エライこっちゃ〜なわけです。
弊社の場合、昼間は仕込や翌日の仕込のための準備で蔵の中の仕事に従事しているので、出荷作業はそれが終わった夜になってしまうのです(汗)。


最近は蔵元さんや蔵人さんがメディアに露出することも多くなっていますが、裏方作業は本当に大変なことばかりなんです。
でも、一升瓶のその先で待っていて下さるお客様を想ってこうした作業を黙々とこなす弊社の蔵人たちです!!


麹のお子守で夜中の3時くらいまでかかり、3時間ほど仮眠して蒸かし準備からスタート。

今日は洗米がないので、搾ったお酒の瓶詰め作業がメインでした。

午後から始めた瓶詰めでしたが詰めたお酒を冷蔵庫へ片付けて21時(汗)。
冷え冷えのお酒を詰めているのでとても時間がかかってしまうんですよねぇ・・・
なにか良い方法はないものだろうか・・・
でも、H君の義姉さんHさんにお手伝い頂いたので、フリーな私は蔵の中の仕事をすることができ、瓶詰めの片付け後の蔵の仕事もなくH君もA君もそのまま帰宅してもらうことができました!
今は、しばし休憩時間ですのでこうしてblog記事を書いていられます。
日付が変わる頃には、水分を飛ばしている麹を袋に詰めて冷蔵庫へしまわなかればなりませんので、あと2〜3時間は残業ということになります。
自分のクローンが欲しいなぁ〜(笑)


今朝は蒸かしがなかったので、昨夜は麹の切り返し作業を終えた後、帰宅しお風呂に入ってお布団に潜り込んできた愛犬と遊んでいたのですが、いつのまにか寝入っていたようで、しかも起きることなく8時間も爆睡していました(汗)

なので、お洗濯やらなにやらが遅くなってしまい、出社しているA君とH君にメールで仕事を指示・・・

H君はとにかく飲み込みが早く要領も良いので、何かを頼んでも安心感があります!
まだ1年も経っていないのですがすっかり頼りになる蔵人です!!

 


本仕込み用のタンクを洗ってくれております。
3000Lタンクですが、ハシゴ掛けずに出入りできちゃいます!
意外とタンクの底は滑りやすく、今まで勤めたことがある社員数名も滑って転ぶ社員が多かったのですが、滑ることが分かっているので滑らないよう慎重にかつ素早く丁寧に洗ってくれております。

酒造の仕事って、段取り8分、洗うという作業が8割くらい占めていて、要領よくかつ迅速かつ丁寧に作業を行っていかないと時間ばかりかかってしまいとても24時間では終わらないのです。


入社2年目のA君は一つの仕事は丁寧なのですが、まだまだ要領よく迅速にがちょっと苦手なようなので、私やY君がやってしまった方が早いのですが(汗)、A君に覚えてもらうため、なるべく作業をやらせています。
2年目からは、経験値を積んでいってもらうしかないですからねぇ。

ただ、今は奥様がご実家に帰省されているので、ここより雪深い地域に住んでいるA君のもっぱらの心配事は自宅まわりの除雪でして、なるべく早く帰宅してもらうようにしています。なので、2年目で積んでもらいたい経験値としては半分くらいになっちゃうかなぁと。昨年も、自宅での生活が大変すぎて早く帰宅してもらっていたので、経験値とすればまだまだ少ないかもしれません。


酒造業は、朝早くて夜遅い仕事になってしまうので、家族の協力が絶対的に必要なんです。
うちに来てくれていた越後杜氏が引退したとき、奥さんが「夫が留守の何十年という冬の間、除雪が本当に大変でした」と。
「夫に心配かけないよう、子供がケガしたとか病気になったとかも一人で対処してきたのよ」と。申し訳ない気持ちになりましたねぇ。でも、奥さんは「好きで誇りをもって仕事をしているのがわかっていたので、そんな夫を支えることができたことはとても幸せなことでした」と。なんか素敵な夫婦愛ですよね!


<< | 2/30PAGES | >>